検索エリアを開く閉じる

全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

ザ・マジックアワー

The Magic Hour

2008

The Magic Hour

(c)2008フジテレビ 東宝

(c)2008フジテレビ 東宝

(c)2008フジテレビ 東宝

(c)2008フジテレビ 東宝

公開日 : 2008年6月7日
上映時間 : 136 分
ジャンル : コメディ , 劇映画

カラー : Color
上映フォーマット : 35mm
スクリーンサイズ : Cinema Scope (1:2.35)
サウンドプロセッシング : Dolby Digital Surround EX

【監督】 三谷幸喜

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

フジテレビジョン, 東宝

【配給会社(国内)】

東宝

【制作会社】

シネバザール

【解説】

映画演劇界のコメディ王・三谷幸喜による脚本・監督4作目のノンストップコメディ。日本を代表する美術監督・種田陽平による見事な街のセットや、主演級の豪華な役者陣が劇中劇にワンポイントで出演するなどの演出で話題になった。動員130万人、興行収入40億円のヒットを記録。
港町・守加護を牛耳るボス・天塩(西田敏行)の愛人・マリ(深津絵里)に手を出してしまった手下の備後(妻夫木聡)。命の代償に伝説の殺し屋“デラ富樫”を連れてくると誓うが見つからず、映画監督のフリをして無名の俳優村田(佐藤浩市)を雇い街へ連れてくる。映画の撮影だと思い込んだ村田は殺し屋になりきり本物のギャングと渡り合うも、備後と共に捕まってしまう。やっと撮影ではないと気づいた村田だったが、マリを奪い返したい備後のために仲間の映画スタッフを集めて港での銃撃戦を演出する。しかし自分のために命を投げ出す天塩にマリは身を捧げる決心をする。。

【公式サイト】

http://www.magic-hour.jp

【プレミア表記】

インターナショナルプレミア: モントリオール世界映画祭

【海外窓口】

(株)ポニーキャニオン
105-8487 東京都港区虎ノ門2-5-10
tel: 03-5521-8016
fax: 03-5521-8107
E-mail: intl@ponycanyon.co.jp
http://www.ponycanyon.co.jp