検索エリアを開く閉じる

全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

悦楽

The Pleasures of the Flesh

1965

Etsuraku

公開日 : 1965年8月29日
上映時間 : 104 分
ジャンル : 劇映画

カラー : -
上映フォーマット : -
スクリーンサイズ : -
サウンドプロセッシング : -

【監督】 大島渚

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

松竹

【配給会社(国内)】

松竹

【解説】

山田風太郎の原作「棺の中の悦楽」を大島渚が脚色・監督した。撮影は高田昭が担当している。
三流の広告会社で働く安サラリーマン脇坂篤のところに、ある日篤がかつて家庭教師をしていたころの教え子稲葉匠子から結婚招待状が送られてきた。篤はいつの日からか、匠子を密かに愛し続けてきたのだ、そしてそれ故に、匠子には知らせず、彼女がまだ小字生のころ暴行を働き、未だに匠子を脅迫し続けている青年を汽車のデッキから突落し殺してしまったのだ。そして今、篤が得たものは、この一通の招待状であった。その夜酔って帰った篤は、以前、篤の犯行を目撃したという汚職官吏速水が、彼が出所するまでを条件に、篤に無理矢理に預けていった横領金9800万円入りのトランクを開けた。速水が帰ってくる一年半の間に、この棺にも似たトランクにつまった9800万円の悦楽をくみつくそうというのだ。一年半後には自らが、その棺の中に身を横たえればいいのだ。篤は大金をばらまいて次々と女を貪り、替えていった。打算的なバーのホステス、病身の夫を持ちながらアルサロで働く被虐的な女、冷感症のインテリ女医、異常な性欲を持つ街娼。そして金を使い果たし、期日もあと10日ほどに迫ったある日、篤はマリのヒモで刑務所で速水と同房だったという工藤に、速水が獄死したことを聞いた。二人は速水の残していった金をめぐってもつれ合い、工藤は間にわけて入ったマリの拳銃で射殺された。そんな折も折、篤は偶然匠子と再会する・・・。

【映連データベースの作品紹介ページより】

【海外窓口】

松竹(株)
104-8422 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル13F
担当:佐藤究
tel: 03-5550-1623
fax: 03-5550-1654
E-mail: ibd@shochiku.co.jp
http://www.shochiku.co.jp