検索エリアを開く閉じる

全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

さらば掟

Law of the Outlaw

1971

Saraba okite

公開日 : 1971年9月15日
上映時間 : 89 分
ジャンル : 劇映画

カラー : -
上映フォーマット : -
スクリーンサイズ : -
サウンドプロセッシング : -

【監督】 舛田利雄

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

松竹

【配給会社(国内)】

松竹

【解説】

一人の女を愛したことから巨大な暴力組織に追いつめられる男の苦悩を描いたストーリー。渡哲也の松竹主演第一回作品。舛田利雄の原案を鴨井達比古が脚本化した。監督は、舛田利雄。撮影を金宇満司がそれぞれ担当している。
武井吾郎は湘南海岸の近くにある花屋兼喫茶店「マントン」で働いていた。ある日、ヨット・ハーバーへ花を届けた吾郎は、睡眠薬を飲んで自殺を計ろうとする娘、宮本杏子を助けた。「人命救助の美談」と追いかける新聞記者を避け、逃げるように帰ってきた吾郎は、店の若い娘が渡したという自分の写真が夕刊に載ったのを見て顔色を変えた。数日後、杏子の屋敷に注文の花を届けた吾郎は、今日、杏子の父の泰三が決めた婚約者中沢との婚約発表会であることを知る。その杏子はいらいらして、自分が助けられたことを吾郎に喰ってかかった。とり合わずに帰った吾郎の店に、しばらくして杏子が現われたが、店先で愚連隊風の男達数人が杏子をオートバイに乗せて連れ去り暴行しようとするところを、吾郎は救い、官本邸に送った。杏子は、自分の部屋で吾郎の傷の手当てをしながら、過去、学生運動に身を投じていた頃の深い挫折感、以来、父が政治的に決めた婚約者に対してはもちろん、あらゆることに興味を失ったことなどを告白した。その夜二人は結ばれた。これを知った泰三と中沢は、杏子を精神病院に入院させてしまう・・・。

【映連データベースの作品紹介ページより】

【海外窓口】

松竹(株)
104-8422 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル13F
担当:佐藤究
tel: 03-5550-1623
fax: 03-5550-1654
E-mail: ibd@shochiku.co.jp
http://www.shochiku.co.jp