検索エリアを開く閉じる

全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

三年身籠る

THREE YEAR DELIVERY

2005

San-nen Migomoru

(c) 2005 THREE YEAR DELIVERY PRODUCTION COMMITTEE

(c) 2005 THREE YEAR DELIVERY PRODUCTION COMMITTEE

(c) 2005 THREE YEAR DELIVERY PRODUCTION COMMITTEE

(c) 2005 THREE YEAR DELIVERY PRODUCTION COMMITTEE

公開日 : 2006年1月28日
上映時間 : 99 分
ジャンル : 劇映画 , 長編

カラー : Color
上映フォーマット : 35mm
スクリーンサイズ : -
サウンドプロセッシング : -

【監督】 唯野未歩子

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

ゼアリズエンタープライズ, AOI Pro., ワコー, ヒューマックス・コミュニケーションズ

【解説】

末田冬子(中島知子)、29歳。妊娠9ヶ月。母親になる実感もないまま、のんびりと暮らしている。さらに自覚がない夫の徹(西島秀俊)は、愛人とビリヤードをして、夜更けに酔っぱらって帰宅する始末。
妊娠18ケ月。いまだ産まれる気配はない。冬子に代わり、徹が慣れない家事をする。妹の彼氏である医師の勧めで大学病院に入院した冬子は、マスコミや医療関係者の注目の的となってしまう。いたたまれなくなった徹は夜中に冬子を病院から連れ出した。
妊娠27ケ月。冬子と徹は人里離れた大自然の中で静かな生活を送っていた。巨大化した冬子の腹の中で、子供は元気に育っているようだ。
そして、東京から妹と彼氏がやってきた日、ついに陣痛が始まった。
矢口史靖、塚本晋也、黒沢清作品等に出演している女優、唯野未歩子の初監督作。第18回東京国際映画祭、カイロ国際映画祭、上海国際映画祭招待作品。

【映画祭・受賞歴】

東京国際映画祭 2005
カイロ国際映画祭 2005
ソウル女性映画祭 2006
上海国際映画祭 2006
あいち国際女性映画祭 2006
ドルトムント・コローニュ国際女性映画祭 2006
台湾女性映画祭 2006

【海外窓口】

この作品については、こちらからお問い合わせください。→お問い合わせ