検索エリアを開く閉じる

全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

14歳

FOURTEEN

2006

Juyon-sai

(c)PFFパートナーズ2006

(c)PFFパートナーズ2006

(c)PFFパートナーズ2006

(c)PFFパートナーズ2006

公開日 : 2007年5月19日
上映時間 : 114 分
ジャンル : ドラマ , 子供・家族 , 劇映画

カラー : Color
上映フォーマット : 35mm
スクリーンサイズ : -
サウンドプロセッシング : Mono

【監督】 廣末哲万

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

PFFパートナーズ(ぴあ、ホリプロ、日活)

【解説】

映像ユニット「群青いろ」の第16回PFFスカラシップ作品。監督・主演は廣末哲万、脚本は高橋泉が担当。14歳の頃に受けたトラウマを癒せないままの大人と14歳の子供が、交流することで生まれるかすかな希望を描く。自主映画『鼻唄泥棒』に続き、本作でもロッテルダム国際映画祭 2007 最優秀アジア映画賞に輝いた。
自分を放火犯扱いした教師を刺してしまう14歳の深津綾。事件から12年後、彼女(並木愛枝)は心に傷を負ったまま、中学校の教師になっていた。ある日、中学校の同級生だった杉野(廣末哲万)と再会。深津の教え子にピアノを教えているという。彼もまた、14歳の頃に大好きだったピアノを大人の暴言から諦め、心に受けた傷を癒せないでいた。トラウマを抱えたまま大人になったふたりが、自分たちと同じように悩みながら今を生きる14歳の子供たちと真摯に向き合うことで、過去の問題と対峙し、生きる希望を見いだしていく。

【公式サイト】

http://www.pia.co.jp/pff/

【プレミア表記】

インターナショナルプレミア: ロッテルダム国際映画祭 2007

【映画祭・受賞歴】

ロッテルダム国際映画祭 2007 NETPAC賞

【海外窓口】

この作品については、こちらからお問い合わせください。→お問い合わせ