JFDB 日本映画データベース

検索エリアを開く閉じる

全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

男はつらいよ

Am I Trying

1969

Otoko wa tsuraiyo

公開日 : 1969年8月27日
上映時間 : 91 分
ジャンル : コメディ , ドラマ , 子供・家族 , 劇映画

カラー : Color
上映フォーマット : -
スクリーンサイズ : -
サウンドプロセッシング : -

【監督】 山田洋次

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

松竹

【配給会社(国内)】

松竹

【解説】

山田洋次と森崎東が、脚本を共同執筆し、山田洋次が監督した人情喜劇。撮影は高羽哲夫が担当している。
車寅次郎は、フーテンの寅と呼ばれる香具師。父親と喧嘩して飛び出した中学の時以来、ひょっこり故郷の葛飾柴又に帰って来た。なぜなら唯一人の妹・さくらを残して両親が死んだと風の便りに聞いたからだった。叔父の家へと向かった寅次郎はそこで、美しく成長したさくらに会い感激する。妹のためなら何でもしようと発奮、妹可愛さの一心でさくらの見合の席へと出かけたものの、慣れぬ作法に大失敗し縁談をこわしてしまった。いたたまれずに、再び旅にでた寅次郎は、奈良でお寺巡りをしている柴又帝釈天の御前様と娘の冬子に会い、冬子の美しさに魅せられ、故郷へと逆戻り。そんな寅次郎を待っていたのは、工場の職人・博の「さくらさんが好きです」という告白だった。博の真剣さにうたれ、何とかしてやろうとしたものの、寅次郎は、持ち前の荒っぽさで、また失敗してしまう。しかしかえってこれが、博とさくらを結びつけた。さくらの結婚の後の寂しさを、冬子の優しさに慰められていた寅次郎は、ある日、「寅がお嬢さんに惚れている」という噂を耳にし、冬子に迷惑がかかることを恐れて、地方での香具師商売にと、旅立つのだった。

【映連データベースの作品紹介ページより】

【公式サイト】

https://www.tora-san.jp

【海外窓口】

松竹(株)
104-8422 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル13F
担当:佐藤究
tel: 03-5550-1623
fax: 03-5550-1654
E-mail: ibd@shochiku.co.jp
http://www.shochiku.co.jp