検索エリアを開く閉じる

全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

BLAME!

BLAME!

2017

Blame

(c)弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局

(c)弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局

公開日 : 2017年5月20日
上映時間 : 105 分
ジャンル : アニメーション

カラー : Color
上映フォーマット : -
スクリーンサイズ : -
サウンドプロセッシング : -

【監督】 瀬下寛之

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

東亜重工動画制作局

【配給会社(国内)】

クロックワークス

【制作会社】

ポリゴン・ピクチュアズ

【解説】

人類が「違法居住者」として駆除・抹殺される暗黒の未来。
無限に増殖を続ける超巨大な「階層都市」における探索者・霧亥(キリイ)の孤独で危険な旅路を描いたSF漫画の金字塔『BLAME!』(講談社「アフタヌーン」所載)。その独特の世界観や圧倒的なスケール感、そしてソリッドでハードなアクション描写で、国内だけでなく、海外の映像クリエイターやアーティストからも圧倒的な支持を得て、難解と言われながらも、幾度となく映像化への期待が高まっていた。
そんな本作が、連載開始から20年の時を経て、遂に全世界に向け劇場アニメ化される。
監督には「シドニアの騎士」で緻密でハードな新感覚のSFバトルを表現し、「亜人」を スピーディーでスリリングなサスペンスバトルへと進化させた瀬下寛之が担当。アニメーション制作は「スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ」や「トランスフォーマー プライム」など海外でも圧倒的な存在感で数々の賞を受賞し、「シドニアの騎士」で世界を震撼させたポリゴン・ピクチュアズ。さらに本作では、原作者・弐瓶勉がシナリオやキャラクターデザインをはじめとした、クリエイティブディレクションの中核を担い、自らがプロジェクトへフルコミットをしている。
映像革命と称された「シドニアの騎士」のスタッフが再結集し、
原作者・弐瓶勉による全面協力・総監修の元で再構成した完全新作ストーリーとして創り上げる『BLAME!』が、再び世界を驚愕させるー

【公式サイト】

http://blame.jp

【海外窓口】

(株)ポリゴン・ピクチュアズ
企画開発部

106-0047 東京都港区南麻布3-20-1 麻布グリーンテラス 1F
担当:秋田・町田・赤木
tel: 03-6840-4900
fax:
E-mail: marketing@ppi.co.jp
http://www.ppi.co.jp