検索エリアを開く閉じる

全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

無防備

Naked of Defenses

2008

Mubobi

(c)『無防備』製作委員会

(c)『無防備』製作委員会

(c)『無防備』製作委員会

(c)『無防備』製作委員会

公開日 : 2009年10月10日
上映時間 : 88 分
ジャンル : ドラマ , 子供・家族 , 劇映画

カラー : Color
上映フォーマット : DVCAM
スクリーンサイズ : Standard (1:1.37)
サウンドプロセッシング : Mono

【監督】 市井昌秀

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

『無防備』製作委員会, CLEO

【配給会社(国内)】

エスピーオー, マジックアワー

【解説】

実際の出産シーンを挿入したことでも話題を呼んだ、平凡な主婦の心の再生を描いたドラマ。同僚の幸せをねたみ始めてしまう孤独なヒロインの苦悩を、実像感のある心理描写を重ねてえぐり出す。監督・脚本・編集の3役をこなした市井昌秀は、人気お笑いコンビ・髭男爵の元メンバーという異色の経歴の持ち主。妻で女優の今野早苗の妊娠を機に本作の製作を思い立ち、第30回ぴあフィルムフェスティバル(PFF)でグランプリほか3冠を、第13回釜山国際映画祭コンペティション部門でも最優秀賞を獲得した。
田舎のプラスチック工場で働く30代の律子(森谷文子)は、仕事仲間ともあまり付き合わず、夫とは家庭内別居状態という寂しい日々。そんななか、大きなお腹を抱えた妊婦の千夏(今野早苗)が、臨時パートとして工場に入って来る。律子は千夏と親しくなるが、夫との溝に悩む自分とは正反対の幸せそうな千夏の日常を垣間見て、鬱屈した感情を芽生えさせてしまう。

【公式サイト】

http://www.muboubi.com/

【プレミア表記】

ワールドプレミア: ぴあフィルムフェスティバル PFFアワード2008

【映画祭・受賞歴】

Gyao アワード
釜山国際映画祭 2008 最優秀アジア新人作家賞

【海外窓口】

ぴあフィルムフェスティバル
150-0011 東京都渋谷区東1-2-20 渋谷ファーストタワー ぴあ(株)PFF事務局
担当:海外渉外担当/大井美紀
tel: 03-5774-5296
fax: 03-5774-5396
E-mail: international@pff.jp
http://pff.jp