検索エリアを開く閉じる

全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

武士の一分(いちぶん)

Love and Honor

2006

Bushi no Ichibun

(c) 2006「武士の一分」製作委員会

(c) 2006「武士の一分」製作委員会

公開日 : 2006年12月1日
上映時間 : 121 分
ジャンル : 劇映画

カラー : Color
上映フォーマット : 35mm
スクリーンサイズ : -
サウンドプロセッシング : -

【監督】 山田洋次

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

「武士の一分」製作委員会

【解説】

山田洋次が監督した小説家・藤沢周平の時代劇3部作。今作は『たそがれ清兵衛』『隠し剣 鬼の爪』に次ぐ最終作にあたる。幕末に生きる武士の名誉と困難を乗り越えた夫婦の絆が描かれた。「武士の一分」とは、侍が命をかけて守らなければならない名誉や面目という意味。
藩主の毒見役を務める下級武士の三村新之丞(木村拓哉)。美しい妻、加世(檀れい)とともに貧しいが、慎ましく幸せに暮らしていた。ある日の勤め中、新之丞は毒にあたり失明してしまう。仕事を失い、生活に窮することに。そんな時、番頭の島田(坂東三津五郎)が加世に援助を申し出る。その代償は加世の身体。家計を助けるために泣く泣く条件をのむが、ふたりの関係が公になってしまう。愛する妻を奪われ、自分のふがいなさに打ちひしがれる新之丞。妻のため、武士の名誉のために島田との"武士の一分"を賭けた果し合いを行う。

【映画祭・受賞歴】

ベルリン国際映画祭2007
日本アカデミー賞2006 最優秀助演男優賞
日本アカデミー賞2006 最優秀撮影賞
日本アカデミー賞2006 最優秀照明賞

【海外窓口】

松竹(株)
104-8422 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル13F
担当:佐藤究
tel: 03-5550-1623
fax: 03-5550-1654
E-mail: ibd@shochiku.co.jp
http://www.shochiku.co.jp