全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

1958

Akai jimbaori

赤い陣羽織

His Scarlet Cloak

公開日
1958年9月23日
上映時間
94 分
ジャンル
劇映画
カラー
-
上映フォーマット
-

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

松竹

【配給会社(国内)】

松竹

【解説】

木下順二の民話劇を映画化したもので、庶民の健康なエスプリと封建制未成熟時代の支配者のとぼけたおかしさを笑いの中に捉えようというもの。脚色は高岩肇、監督は山本薩夫、撮影は前田実。中村勘三郎が舞台と同じ役を演じて映画初出演。その他に有馬稲子・香川京子・伊藤雄之助・三島雅夫など。
むかし、ある田舎の水車小屋に甚兵衛とせんという夫婦が住んでいた。とぼけた顔をして風采の上らない甚兵衛にくらべ、女房のせんは飛びきりの美人だった。そのため、土地の代官や庄屋などがせんに心を寄せ、足繁く水車小屋を訪れる。特にご熱心なのは赤い陣羽織を風になびかせ、颯爽と馬でのりつける代官・荒木源太左衛門である。この代官、生来の臆病者で外では代官風を吹かせて威張るが、内では奥方に頭が上らない。さて、なんとしてでも思いを遂げようと、祭りの夜、職権を利用して甚兵衛を庄屋に捕えさせ、その留守にせんを襲ったのである。甚兵衛は、この企みに気がつき、やっとのことで牢を破り水車小屋に駈けつけてみれば、炉ばたに代官の陣羽織や下着が脱ぎすててあり女房を呼んでも返事がない。この様子に、てっきり女房が征服されたと甚兵衛は思いこんだ。そして、代官への復讐を決心したのである。それは、代官の奥方をモノにすることだった。彼は陣羽織を着こみ代官の屋敷へ向った。だが、当の代官はせんに鉄砲でおどかされ、腰をぬかして目的を達することが出来なかったのである。陣羽織や下着は、水車小屋の川に落ちた時に濡らしたものでそれを干しておいたのだった。さて甚兵衛は、腰元や足軽のぬかずく中を堂々と奥方の寝所へ向った。だが、奥方の気高さにうたれて手も足も出なかった。代官とせんは思い思いの不安な気

【映連データベースの作品紹介ページより】

【海外窓口】

松竹(株)
104-8422 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル13F
担当:佐藤究
tel: 03-5550-1623
fax: 03-5550-1654
E-mail: ibd@shochiku.co.jp
http://www.shochiku.co.jp


関連作品

座頭市牢破り

座頭市牢破り (1967)

監督
山本薩夫
キャスト
勝新太郎, 三国連太郎, 西村晃

劇場公開日
1967年8月12日
MIFUNE: THE LAST SAMURAI

MIFUNE: THE LAST SAMURAI (2016)

監督
スティーヴン・オカザキ
キャスト
香川京子, 司葉子, 土屋嘉男

日本映画の黄金期を創り出した伝説の俳優・三船敏郎の人生を描いたドキュメンタリー。監督は、『収容所の長い日々/日系人と結婚した白人女性』でアカデミー短編ドキュメンタリー映画賞を受賞したスティーヴン・オカザキ。黒澤映画『羅生門』、『七人の侍』、『蜘蛛巣城』、『用心棒』や、稲垣浩監督作…

劇場公開日
2018年5月12日
《シネマ歌舞伎》 身替座禅

《シネマ歌舞伎》 身替座禅 (2010)

監督
キャスト
中村勘三郎, 坂東三津五郎, 市川染五郎

海外でも知名度の高い大スター、中村勘三郎の持ち味が生かされたコミカルな狂言舞踊。舞台公演をHDカメラで撮影した「シネマ歌舞伎」第11弾として、『蜘蛛の拍子舞』と同時上映された。大名の山蔭右京(中村勘三郎)は、妻の玉の井(坂東三津五郎)に、持仏堂にこもって座禅をすると嘘をつき、家来…

劇場公開日
2010年5月1日
《シネマ歌舞伎》法界坊

《シネマ歌舞伎》法界坊 (2009)

監督
キャスト
中村勘三郎, 中村橋之助, 坂東彌十郎

HDカメラで撮影した歌舞伎の舞台公演を映画館のスクリーンでデジタル上映する「シネマ歌舞伎」第10弾。海外でも著名な人気スター・中村勘三郎が、金と女に目のない生臭坊主・法界坊を熱演する。永楽屋の娘・お組(中村扇雀)に熱を上げた法界坊。お組と恋仲の手代・要助(中村勘太郎)が、京の吉田…

劇場公開日
2009年12月26日