JFDBとは 現在、約5,000本以上の日本映画の公式情報を、日本語・英語で掲載しています。

東京ノワール

東京ノワール (2018)

監督:ヤマシタマサ

キャスト:井上幸太郎, 両國宏, 大鷹明良

ヤクザの悲哀を題材にしたハードボイルド。時間軸を交錯させ、同業者からも警察からも追われる身となった男の運命を描く。監督は、本作が商業映画デビューとなるヤマシタマサ。 裏社会で20年間を過ごした鳴海(井上幸太郎)は引退を決意。仲間の島袋(河西裕介)にも報告し、最後の拳銃密売取引に…

劇場公開日:2018年8月4日

タリナイ

タリナイ (2018)

監督:大川史織

キャスト:佐藤勉

太平洋戦争中にマーシャル諸島で戦没した日本兵の息子が、父の足跡をたどる姿を追ったドキュメンタリー。 太平洋戦争末期、一人の日本兵がマーシャル諸島で飢えによって死んだ。亡くなる数時間前まで書かれた日記と遺言は、生き残った戦友によって戦後遺族に届けられた。そして2016年、74歳に…

劇場公開日:2018年9月29日

ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。

ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。 (2018)

監督:藤原知之

キャスト:矢野聖人, 武田梨奈, 岡本玲

『幸せの青い鳥居』の藤原知之監督がメガホンをとったヒューマンドラマ。 鯨井太一(矢野聖人)は、太地町立くじらの博物館の飼育員リーダーに抜擢される。東京の水族館から来た白石唯(武田梨奈)や学芸員の間柴望美(岡本玲)らの助けを借りるものの、太一たちは来客の少なさに頭を悩ませる。そん…

劇場公開日:2018年11月3日

スマホを落としただけなのに

スマホを落としただけなのに (2018)

監督:中田秀夫

キャスト:北川景子, 千葉雄大, 成田凌

第15回「このミステリーがすごい!」大賞で注目されたサスペンス小説を実写化。スマートフォンから個人情報を抜き取られ、殺人事件に巻き込まれるヒロインの恐怖をリアルに描く。監督は『リング』で知られる中田秀夫。 ある日、麻美(北川景子)が恋人に電話をすると、見知らぬ男が応答する。男は…

劇場公開日:2018年11月2日

恋のしずく

恋のしずく (2018)

監督:瀬木直貴

キャスト:川栄李奈, 小野塚勇人, 宮地真緒

『ラーメン侍』の瀬木直貴監督が、日本三大酒処、東広島市・西条を舞台に、理系女子大生が酒造りや恋に奮闘する姿を描く青春ドラマ。『HANA-BI』『不貞の季節』『アウトレイジ 最終章』などに出演した大杉漣の遺作映画となった。 東京の農大でワインソムリエを目指す詩織(川栄李奈)は、意…

劇場公開日:2018年10月20日

4月の君、スピカ。

4月の君、スピカ。 (2019)

監督:大谷健太郎

キャスト:福原遥, 佐藤大樹, 鈴木仁

劇場公開日:2019年4月5日

銃

(2018)

監督:武正晴

キャスト:村上虹郎, 広瀬アリス, リリー・フランキー

芥川賞作家・中村文則のデビュー作を実写化。偶然、拳銃を手に入れた青年が、武器が持つ危うい魅力に翻弄される。モノクロ主体のソリッドな映像で、主人公の緊迫した心理を描出。 退屈な日々を過ごしていた大学生のトオル(村上虹郎)は、ある雨の夜、河川敷に男の死体と銃が転がっているのを発見。…

劇場公開日:2018年11月17日

ハナレイ・ベイ

ハナレイ・ベイ (2018)

監督:松永大司

キャスト:吉田羊, 佐野玲於, 村上虹郎

村上春樹の短編小説集「東京奇譚集」の1編を実写化。息子を亡くしたシングルマザーが、喪失感と向き合うまでを静かに綴る。主演は小演劇出身の実力派・吉田羊で、主人公の心の揺れを丹念に表現。 10年前、ピアノバーを営むサチ(吉田)の息子・タカシ(佐野玲於)は、サーフィン中にサメに襲われ…

劇場公開日:2018年10月19日

JFDB アーカイブ

亡霊怪猫屋敷

亡霊怪猫屋敷 (1958)

監督:中川信夫

キャスト:和田桂之助, 北沢典子, 五月藤江

劇場公開日:1958年7月13日

切腹

切腹 (1962)

監督:小林正樹

キャスト:仲代達矢, 三國連太郎, 岩下志麻

サンデー毎日大衆文芸賞入選作として、昭和33年10月号の同誌上に発表された滝口康彦原作「異聞浪人記」より橋本忍が脚色、小林正樹が監督した異色時代劇。撮影は宮島義男が担当している。 寛永7年10月、井伊家上屋敷に津雲半四郎と名乗る浪人が訪れた。「切腹のためにお庭拝借……」との申し…

劇場公開日:1962年9月16日

処女が見た

処女が見た (1966)

監督:三隅研次

キャスト:若尾文子, 安田道代, 城健三朗

寺に預けられた非行少女が庵主の慈愛に満ちた指導で素直さを取り戻すが、庵主と親寺の住職との譲治を目撃してショックを受ける恥じた庵主は死をえらび処女は住職に殺意を抱く話題 【KADOKAWA公式サイトの作品紹介ページより】

劇場公開日:1966年1月29日

九十九本目の生娘

九十九本目の生娘 (1959)

監督:曲谷守平

キャスト:菅原文太, 松浦浪路, 三原葉子

劇場公開日:1959年9月12日