全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

1964

Dojo yaburi

道場破り

Samurai from Nowhere

公開日
1964年1月15日
上映時間
93 分
ジャンル
劇映画
カラー
-
上映フォーマット
-

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

松竹

【配給会社(国内)】

松竹

【解説】

山本周五郎の原作を小国英雄が脚色、内川清一郎が監督した時代劇。撮影は太田喜晴が担当している。
剣をとっては達人と呼ばれる三沢伊兵衛は、恋人である家老の娘妙をつれて脱藩した。古谷藩のバカ殿の側室になるよう強要された妙との旅は、すぐ追手につけられる破目となった。すぐにも宿賃をかせがなければならない伊兵衛は、神道無双流秘法極意階伝の腕前を利用して、武士の掟を犯して町道場で賭試合を挑んだ。太刀落しという奇妙な手で勝った伊兵衛のもとに、追っ手は刺客として浪人大庭軍十郎をむけていた。一方隣藩ににげるため十両を必要とした伊兵衛は武道大会で偶然にも軍十郎と相討ちとなった。この試合を見ていた小室帯刀はかつて娘千草を川越人足から助けてくれた礼をも兼て伊兵衛に仕官を進めた。念願の仕官成就にとりたてられたと喜ぶ、伊兵衛、妙の前に、意外にも賭試合をして剣を汚した事を理由に、小室藩は仕官を断って来た。傷心の伊兵衛だが帯刀と千草の温い心に送られて関所を越えた。が、その前に又も迫手と軍十郎が立ちはだかった。大立回りが演じられた最中、刺客団を裏切った軍十郎の助けで伊兵衛、妙の二人は、無事隣藩に逃げのびたのであった。かつて、伊兵衛と同じ境遇にあった軍十郎に送られて、今度こそ立派に仕官出来る、伊兵衛の胸に武士の意地が燃えていた。

【映連データベースの作品紹介ページより】

【海外窓口】

松竹(株)
104-8422 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル13F
担当:佐藤究
tel: 03-5550-1623
fax: 03-5550-1654
E-mail: ibd@shochiku.co.jp
http://www.shochiku.co.jp


関連作品

わが心の歌舞伎座

わが心の歌舞伎座 (2010)

監督
十河壯吉
キャスト
倍賞千恵子, 市川團十郎, 尾上菊五郎

2010年4月、建て替えのために59年間の歴史に幕を下ろした東京・銀座の歌舞伎座。4世紀以上も続く日本の伝統芸能の専用劇場として機能し、紳士淑女の社交場でもあった同所の精神を伝えるドキュメンタリー。2009年1月の「古式顔寄せ手打ち式」から2010年4月30日の閉場式までの「歌舞…

劇場公開日
2011年1月15日
ハウルの動く城

ハウルの動く城 (2004)

監督
宮崎駿
キャスト
倍賞千恵子, 木村拓哉, 美輪明宏

日本を代表するアニメーション映画の巨匠・宮崎駿が愛国主義全盛の時代、王国の兵士たちが今まさに戦地に赴こうとしている。18歳の少女・ソフィーは亡き父の残した帽子屋を切り盛りしていた。ソフィーはある日、街で美貌の青年・ハウルと出会う。何かに追われているらしい青年は、彼女と共に天へ舞い…

劇場公開日
2004年11月20日
こんばんは

こんばんは (2003)

監督
森康行
キャスト
倍賞千恵子

劇場公開日
2004年9月11日
男はつらいよ お帰り 寅さん

男はつらいよ お帰り 寅さん (2019)

監督
山田洋次
キャスト
渥美清, 倍賞千恵子, 吉岡秀隆

山田洋次監督による国民的人情喜劇『男はつらいよ』シリーズの50周年記念作品。1997年の第49作より22年ぶりに製作され、96年に亡くなった看板俳優・渥美清も出演。第32回東京国際映画祭オープニング作品。 かつて柴又帝釈天の参道にあった団子屋・くるまやは現在はカフェとして営業。…

劇場公開日
2019年12月27日