全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

1967

Uchu daikaiju Guilala

宇宙大怪獣ギララ

The X from Outer Space

公開日
1967年3月25日
上映時間
89 分
ジャンル
劇映画
カラー
-
上映フォーマット
-

【監督】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

松竹

【配給会社(国内)】

松竹

【解説】

元持栄美と石田守良、二本松嘉瑞が共同でシナリオを執筆し、二本松嘉瑞が監督した松竹初の特撮怪獣もの。撮影は平瀬静雄が担当している。
19××年。日本宇宙局FAFCの誘導で火星ロケットを打ち上げた。それはFAFC所長加藤博士やバーマン博士の努力によるものだったが、佐野機長の下にリーザ、宮本、それに塩田などのベテランを乗せた宇宙船は、無事月ステーションに到着。しかし、月を離れて間もなく宇宙船は事故を起し、地球に戻った。エンジンに正体不明の発光胞子が付着していたのである。ところが、ある日この発光体が高圧電気や原子エネルギーを栄養源として、巨大な怪獣に成長したため、日本は大騒動になってしまった。怪獣はギララと名づけられ、早速、対策本部がつくられたが、陸、海、空による攻撃にもかかわらずギララは爆破エネルギーを吸収してますます巨大化し、さらに原子エネルギーを求めて都市を破壊していったのである。そしてギララは、次第に東海村の原子力発電所に近づいていった。一方、いかなる兵器もギララに効果はないと知って、宇宙開発局は科学物質を利用することを考えていた。宇宙空間に浮遊するギララニュームという物質が、ギララの細胞を破壊することが分かったのである。すぐさまギララニューム採取のため、佐野は再びリーザや宮本を伴って月に向った。そこを基地にギララニュームを採取した佐野が戻った時、火の玉怪獣と化したギララは、東京で暴れ回っていた・・・。

【映連データベースの作品紹介ページより】

【海外窓口】

松竹(株)
メディア事業部 海外版権室

104-8422 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル13F
tel: 03-5550-1623
fax: 03-5550-1654
E-mail: ibd@shochiku.co.jp
http://www.shochiku.co.jp


関連作品

峠 最後のサムライ

峠 最後のサムライ (2020)

監督
小泉堯史
キャスト
役所広司, 松たか子, 仲代達矢

“最後のサムライ”と称される英雄・河井継之助の姿を描いた、司馬遼太郎の名著「峠」の初映画化作品。監督・脚本は、数々の黒澤明作品に助監督として携わってきた小泉堯史。 1867年、徳川幕府は終焉を迎え、諸藩は東軍と西軍に二分されていった。長岡藩の家老・河井継之助(役所広司)は、武装…

劇場公開日
2022年
東京リベンジャーズ

東京リベンジャーズ (2021)

監督
英勉
キャスト
北村匠海, 山田裕貴, 杉野遥亮

「新宿スワン」などで知られる和久井健の同名コミックを、数々の漫画原作作品を手がけてきた英勉監督が実写化。冴えない日々を送る男がタイムスリップして人生をやり直していく姿を描く。 ボロアパートで暮らすフリーターの武道(北村匠海)は、ヤンキー学生時代の彼女とその弟が不良組織“東京卍曾…

劇場公開日
2021年7月9日
ある用務員

ある用務員 (2020)

監督
阪元裕吾
キャスト
福士誠治, 芋生悠, 前野朋哉

暴力団の抗争によって“戦場”となった学校での救出劇を描くクライムサスペンス。監督は、アクション、サスペンス、バイオレンスを得意のジャンルとする阪元裕吾。 暴力団員だった父を持ち、現在は用務員として高校で働く深見(福士誠治)。暴力団に属さず、用務員として学校にいるのは、亡き父親の…

劇場公開日
2021年1月29日
KONTORA コントラ

KONTORA コントラ (2019)

監督
アンシュル・チョウハン
キャスト
円井わん, 間瀬英正, 山田太一

不可思議な宝の探索をする少女とホームレスの男との奇妙な出会いを、モノクロームの映像で紡ぎ出すドラマ。監督は、長編デビュー作『東京不穏詩』が国内外の映画祭で注目を集めた日本在住のインド人監督アンシュル・チョウハン。 女子高生のソラ(円井わん)は、祖父が第二次世界大戦中に記した日記…

劇場公開日
2021年3月20日