全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

1967

Uchu daikaiju Guilala

宇宙大怪獣ギララ

The X from Outer Space

公開日
1967年3月25日
上映時間
89 分
ジャンル
劇映画
カラー
-
上映フォーマット
-

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

松竹

【配給会社(国内)】

松竹

【解説】

元持栄美と石田守良、二本松嘉瑞が共同でシナリオを執筆し、二本松嘉瑞が監督した松竹初の特撮怪獣もの。撮影は平瀬静雄が担当している。
19××年。日本宇宙局FAFCの誘導で火星ロケットを打ち上げた。それはFAFC所長加藤博士やバーマン博士の努力によるものだったが、佐野機長の下にリーザ、宮本、それに塩田などのベテランを乗せた宇宙船は、無事月ステーションに到着。しかし、月を離れて間もなく宇宙船は事故を起し、地球に戻った。エンジンに正体不明の発光胞子が付着していたのである。ところが、ある日この発光体が高圧電気や原子エネルギーを栄養源として、巨大な怪獣に成長したため、日本は大騒動になってしまった。怪獣はギララと名づけられ、早速、対策本部がつくられたが、陸、海、空による攻撃にもかかわらずギララは爆破エネルギーを吸収してますます巨大化し、さらに原子エネルギーを求めて都市を破壊していったのである。そしてギララは、次第に東海村の原子力発電所に近づいていった。一方、いかなる兵器もギララに効果はないと知って、宇宙開発局は科学物質を利用することを考えていた。宇宙空間に浮遊するギララニュームという物質が、ギララの細胞を破壊することが分かったのである。すぐさまギララニューム採取のため、佐野は再びリーザや宮本を伴って月に向った。そこを基地にギララニュームを採取した佐野が戻った時、火の玉怪獣と化したギララは、東京で暴れ回っていた・・・。

【映連データベースの作品紹介ページより】

【海外窓口】

松竹(株)
104-8422 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル13F
担当:佐藤究
tel: 03-5550-1623
fax: 03-5550-1654
E-mail: ibd@shochiku.co.jp
http://www.shochiku.co.jp


関連作品

HOKUSAI

HOKUSAI (2020)

監督
橋本一
キャスト
柳楽優弥, 田中泯, 永山瑛太

幕府によって抑圧されていた江戸時代の絵師・葛飾北斎の生涯を青年期と老年期に分けて描いたヒューマンドラマ。「探偵はBARにいる」シリーズの橋本一が監督を務める。 貧乏生活を送っていた北斎(柳楽優弥)。喜多川歌麿(玉木宏)らの台頭により、自分の絵を見失う北斎だったが、浮世絵版元の蔦…

劇場公開日
2021年
さんかく窓の外側は夜

さんかく窓の外側は夜 (2020)

監督
森ガキ侑大
キャスト
岡田将生, 志尊淳, 平手友梨奈

心理探偵の活躍を描くミステリー。監督は、『おじいちゃん、死んじゃったって。』が第30回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門に選出された森ガキ侑大。 書店員の三角康介(志尊淳)は幼いころから幽霊が見える特異体質に悩まされていた。ある日、三角は除霊師の冷川理人(岡田将生)と出会…

劇場公開日
2021年
犬王

犬王 (2021)

監督
湯浅政明
キャスト

京の都、近江猿楽の比叡座の家に一人の子どもが生まれた。 後に室町時代の民衆を熱狂させる能楽師【犬王】。 しかしその姿はあまりに奇怪で、大人たちは子の全身を衣服で包み、顔には面を被せた。 ある日、犬王はひとりの少年と出会う。彼は琵琶法師で、名を【友魚】(ともな)と言った。 …

劇場公開日
2021年
キネマの神様

キネマの神様 (2021)

監督
山田洋次
キャスト
沢田研二, 菅田将暉, 永野芽郁

松竹映画100周年を記念した人間ドラマ。監督は「男はつらいよ」シリーズや、第64回ベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞した『小さなおうち』を手がけた名匠・山田洋次。 ゴウ(沢田研二)はギャンブル好きが高じて妻・淑子(宮本信子)や家族に見放されていた。映画を愛する若き日のゴウ (菅田…

劇場公開日
2021年