全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2007

Hito no sekkusu wo warauna

人のセックスを笑うな

Sex is No Laughing Matter

(c)2008「人のセックスを笑うな」製作委員会

(c)2008「人のセックスを笑うな」製作委員会

(c)2008「人のセックスを笑うな」製作委員会

(c)2008「人のセックスを笑うな」製作委員会

公開日
2008年1月19日
上映時間
137 分
ジャンル
ロマンス , 劇映画
カラー
Color
上映フォーマット
-
スクリーンサイズ
American Vista (1:1.85)
サウンドプロセッシング
DTS

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

ハピネット, 東京テアトル, WOWOW

【配給会社(国内)】

東京テアトル

【制作会社】

東京テアトル

【解説】

第41回文藝賞を受賞した山崎ナオコーラの同名小説の映画化。『犬猫』でトリノ国際映画祭審査員特別賞、国際批評家連盟賞、最優秀脚本賞特別賞に輝いた井口奈己が描く、恋する切なさ、楽しさ、滑稽さを、丁寧に映し出した恋愛映画。
19歳の美術学校生のみるめ(松山ケンイチ)は、ある日、絵のモデルを20才年上の講師ユリ(永作博美)に頼まれ、その自由奔放な魅力に、吸い込まれるように恋におちた。友人の堂本(忍成修吾)に問いただされ、みるめは彼女との仲をうれしそうに告白するが、いつもつるんでいる仲間のえんちゃん(蒼井優)の顔は曇ったままだった。初恋に有頂天のみるめだったが、実はユリは結婚していることが分かり、愕然とする。ユリとの関係を終わらせようと決心するが離れることができない。やがてユリは姿を消し、みるめは彼女を探しに出かける。

【公式サイト】

http://www.hitoseku.com/

【海外窓口】

この作品については、こちらからお問い合わせください。→お問い合わせ