全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2008

ドラえもん / Doraemon

Doraemon nobita to midori no kyojinden

ドラえもん のび太と緑の巨人伝

Doraemon Nobita to midori no kyojinden

(c)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK2008

(c)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK2008

(c)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK2008

(c)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK2008

(c)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK2008

(c)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK2008

公開日
2008年3月8日
上映時間
102 分
ジャンル
子供・家族 , アニメーション
カラー
Color
上映フォーマット
35mm
サウンドプロセッシング
Dolby Digital Surround EX

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

藤子プロ, 小学館, テレビ朝日, シンエイ動画, ADK

【配給会社(国内)】

東宝

【解説】

1969年に連載がスタートして以来、絶大な人気を誇る藤子・F・不二雄原作の「ドラえもん」。原作の漫画だけでなく、テレビアニメ、劇場版アニメーション映画も作られて大ヒットを続けてきた。本作は映画ドラえもんシリーズ通算第28作目にあたり、原作のリメイクでない初のオリジナル作品。
勉強嫌いの小学生の男の子・野比のび太は22世紀から来たネコ型ロボット・ドラえもんと暮らしている。ある日、のび太は裏山で小さな木の苗を拾ってくるが、庭に植えるのを母は禁じる。ドラえもんは、いつものようにおなかの四次元ポケットから出した未来の道具で、その木を動けるようにしてくれる。のび太は「キー坊」と名付けたその木を弟のようにして暮らし始めるが、裏山で友人共々突風に巻き込まれる。辿り着いたのは、地球から遥か遠い植物たちの住む緑の星。緑を大切にしない人間を憎んでいるその星から、のび太たちは必死になって地球へ戻ろうとする。

【海外窓口】

この作品については、こちらからお問い合わせください。→お問い合わせ