全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2003

Mibugishiden

壬生義士伝

When the Last Sword is Drawn

(c)「壬生義士伝」滝田洋二郎監督 2002年 写真提供松竹株式会社

(c)「壬生義士伝」滝田洋二郎監督 2002年 写真提供松竹株式会社

(c)「壬生義士伝」滝田洋二郎監督 2002年 写真提供松竹株式会社

(c)「壬生義士伝」滝田洋二郎監督 2002年 写真提供松竹株式会社

公開日
2003年1月18日
上映時間
137 分
ジャンル
劇映画
カラー
Color
上映フォーマット
35mm

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

松竹, テレビ東京, 電通, 衛星劇場, カルチュア・パブリッシャーズ, アイビーシー岩手放送

【解説】

斉藤(佐藤浩市)は孫の病気で訪ねた医者の家で、かつて新撰組でともに戦った吉村貫一郎(中井貴一)の写真を見つける。彼の父親は吉村の幼なじみであり、彼は吉村を師と仰いでいた。斉藤は、吉村の侍らしからぬ振舞いの数々が気に入らなかったが、常に吉村の存在を気にもしていた。吉村はその後妻子を養うために脱藩し、新撰組隊士となる。そんな吉村を回想する医者の話に耳を貸すと同時に斉藤は過去を振り返る……。故郷盛岡を愛し、妻子を愛する吉村は、斉藤の愛した女ぬい(中谷美紀)にも親切だった。新撰組の崩壊が決定的となる鳥羽伏見の戦いで死んだと思われていた吉村は、実は生きのび、親友のもとで切腹をした。斉藤はそれを見届けていた人物と偶然にも出会ったのだ。浅田次郎の同名小説を名匠・滝田洋二郎が映画化。音楽は、映画音楽の巨匠・久石譲。

【海外窓口】

松竹(株)
104-8422 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル13F
担当:佐藤究
tel: 03-5550-1623
fax: 03-5550-1654
E-mail: ibd@shochiku.co.jp
http://www.shochiku.co.jp