全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2005

Maison de Himiko

メゾン・ド・ヒミコ

La Maison de Himiko

(c) 2005 『メゾン・ド・ヒミコ』製作委員会

(c) 2005 『メゾン・ド・ヒミコ』製作委員会

(c) 2005 『メゾン・ド・ヒミコ』製作委員会

(c) 2005 『メゾン・ド・ヒミコ』製作委員会

公開日
2005年8月27日
上映時間
131 分
ジャンル
劇映画
カラー
Color
上映フォーマット
35mm

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

アスミック・エース・エンタテインメント, IMJエンタテインメント, 日本テレビ, S・D・P, カルチュア・パブリッシャーズ

【解説】

『ジョゼと虎と魚たち』で成功を収めた犬童一心監督、渡辺あや脚本のコンビによるオリジナルストーリー。
ゲイである父親を嫌い、その存在を否定して生きてきた沙織(柴咲コウ)。ある日、彼女が働く塗装会社に春彦(オダギリジョー)という男が訪ねてくる。彼は、沙織の父が癌で死期が近いと言い、父の営む老人ホームを手伝わないかと誘う。借金を抱えていた沙織は、破格の給料と遺産のために手伝うことを決心する。そこは"メゾン・ド・ヒミコ"という名のゲイのための老人ホームだった。沙織はそこで暮らす個性的な住人たち、そして父の愛人である春彦に次第に惹かれていく。そんな中、父が死ぬ。春彦は父のパトロンだった老人に彼の身代わりとして抱かれる。それを知った沙織は彼らのもとを去り、以前の暮らしに戻る。だが後日、"メゾン・ド・ヒミコ"に呼び出された沙織は住人たちの思いを知り、自分の居場所がそこにあることに気付くのだった。

【映画祭・受賞歴】

第2回CJアジア・インディペンデント映画祭
第27回台北金馬映画祭

【海外窓口】

アスミック・エース(株)
100-0005 東京都千代田区丸の内1-8-1
代表:長澤修一
tel: 03-5413-4351
fax: 03-5413-2841
E-mail: intl@asmik-ace.co.jp
http://www.asmik-ace.co.jp


関連作品

伝説のワニ・ジェイク

伝説のワニ・ジェイク (2002)

監督
犬童一心
キャスト
市川実日子, 松尾スズキ, 塚本晋也

劇場公開日
2004年2月7日
ある船頭の話

ある船頭の話 (2019)

監督
オダギリジョー
キャスト
柄本明, 川島鈴遥, 村上虹郎

俳優・オダギリジョーが、“人間らしい生き方とは何か”という問いにオリジナル脚本で挑んだ長編映画初監督作品。撮影監督のクリストファー・ドイル、衣装デザインのワダエミら国際派のスタッフが集結した。 近代化により橋の建設が進む山間の村。川沿いの質素な小屋に暮らす船頭のトイチ(柄本明)…

劇場公開日
2019年9月13日
ジョゼと虎と魚たち

ジョゼと虎と魚たち (2003)

監督
犬童一心
キャスト
妻夫木聡, 池脇千鶴

ジョゼ(池脇千鶴)は先天的な障害を持ち、世間からの接触を避けて祖母とふたりで暮らしている。ある日、ひょんなことから恒夫(妻夫木聡)は彼女らと出会い、次第にジョゼに惹かれていく。福祉を学ぶ香苗を恋人に持つ恒夫は、ジョゼと祖母に援助の手をさしのべようとするが、恒夫が香苗と恋仲にあるこ…

劇場公開日
2003年12月13日
ゼロの焦点

ゼロの焦点 (2009)

監督
犬童一心
キャスト
広末涼子, 中谷美紀, 木村多江

昭和を代表する推理小説作家・松本清張の名作ミステリー「ゼロの焦点」が原作。これまでに2度映画化、5度テレビドラマ化されている。韓国で大ブームを巻き起した『ジョゼと虎と魚たち』の犬童一心監督にとっては初めてのサスペンス映画となる。 戦後の混沌から高度成長期へと向かう激動の昭和30…

劇場公開日
2009年11月14日