全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2005

Hinokio

HINOKIO

HINOKIO

(c) 2005 HINOKIO Film Venturer

(c) 2005 HINOKIO Film Venturer

(c) 2005 HINOKIO Film Venturer

(c) 2005 HINOKIO Film Venturer

公開日
2005年7月9日
上映時間
111 分
ジャンル
劇映画
カラー
Color
上映フォーマット
35mm

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

松竹, イマージュ, ムービーアイ・エンタテインメント, H‐パートナーズ, 東京電力, レントラックジャパン, タカラ, 関西テレビ, 衛星劇場, I&S BBDO

【解説】

突然の事故で負傷し、母親まで亡くしてしまったサトル(本郷奏太)は、そのショックから部屋に引きこもって暮らしていた。そんな息子を見かねた技術者の父・薫(中村雅俊)は、勤務先の会社で自ら開発したロボットをサトルに与え、遠隔操作で代理登校させることに。そのロボットは材料にヒノキが使われていたことから、クラスメイトに"ヒノキオ"と呼ばれるようになる。サトルは、男の子のように振る舞うジュン(多部未華子)という女の子と、ヒノキオを介して次第に心を通わせていく。他人に心を開き始めたサトルだったが、その矢先に学校でヒノキオが軍事用のロボットだという噂が広まる。傷ついたサトルはヒノキオを身投げさせる。また、ヒノキオに感覚をフィードバックする機能をつけていたために、サトル自身も脳にダメージを負う。ジュンはサトルを助けるために奔走。そのおかげでサトルは甦る。『ACRI』や『FINAL FANTASY』でVFXを手掛けた秋山貴彦の初監督作。

【映画祭・受賞歴】

2005 International Festival of Film & Video for Children and Young Adults (イラン)
日韓こども文化交流-これから一緒に歩く道-(文化庁)
2005釜山子供国際映画祭(クロージング)
2005ハワイ国際映画祭
第9回日本映画祭 (シドニー)
Golden Butterfly Prize for Best Feature Film, Competition of Asian Cinema

【海外窓口】

松竹(株)
104-8422 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル13F
担当:佐藤究
tel: 03-5550-1623
fax: 03-5550-1654
E-mail: ibd@shochiku.co.jp
http://www.shochiku.co.jp


関連作品

BLACK NIGHT ブラック ナイト

BLACK NIGHT ブラック ナイト (2006)

監督
パトリック・レオン, 秋山貴彦, タニット・チッタヌクン
キャスト
アニー・リウ, ディラン・クォ, レイス・ウォン

劇場公開日
2006年6月24日
あやしい彼女

あやしい彼女 (2016)

監督
水田伸生
キャスト
多部未華子, 倍賞美津子, 要潤

『謝罪の王様』のスタッフが再集結し、笑いと歌を融合させた新たなコメディの世界を生み出す。実力派女優の多部未華子が、“人生リセット劇”のヒロインを演じる。 可愛いルックスと天性の歌声を持つ20歳の女の子・大鳥節子(多部)。その容姿とは裏腹に、口を開けば超毒舌、相手かまわず罵声を浴…

劇場公開日
2016年4月1日
ピース オブ ケイク

ピース オブ ケイク (2015)

監督
田口トモロヲ
キャスト
多部未華子, 綾野剛, 松坂桃李

ジョージ朝倉による恋愛コミックを実写化。なんとなく人生を生きてきた20代女子の切ない恋愛模様を綴る。監督は、『色即ぜねれいしょん』で2009年新藤兼人賞銀賞を受賞した田口トモロヲ。 彼氏に振られた志乃(多部未華子)は、新しい生活を始めようと引越しを決意。転居先で志乃は、同じアパ…

劇場公開日
2015年9月5日
真夜中からとびうつれ

真夜中からとびうつれ (2011)

監督
横浜聡子
キャスト
多部未華子, 宇野祥平, 鈴木晋介

斬新なアイデアとユーモアをもった作品で注目を集めている若手女性監督、横浜聡子が手がけたショート・フィルム。当初はウェブで期間限定公開されたが、大きな話題を呼び劇場公開された。青いワンピースを着た少女(多部未華子)が抱えた小さな箱に明かりが灯る。どこからともなく現れた男(宇野祥平)…

劇場公開日
2011年11月5日