全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2005

17sai no Fukei Shonen ha Nani wo Mitanoka

17歳の風景 少年は何を見たのか

Cycling Chronicles: Landscapes The Boy Saw

(c)シマフィルム

(c)シマフィルム

(c)シマフィルム

(c)シマフィルム

公開日
2005年7月30日
上映時間
90 分
ジャンル
劇映画
カラー
Color
上映フォーマット
35mm

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

シマフィルム

【解説】

少年(柄本佑)がひとり黙々とぼろぼろの自転車を漕ぎ続ける。そびえ立つ富士山、若者たちがたむろする都会の雑踏を突っ切って行く。繰り返し挿入される無人の勉強部屋と母親とおぼしき女性の笑顔。途中、浜に集う漁師たちの好意で暖かな食事にありつき、ひなびた鉄道の駅舎では老人が語る若き日の戦争体験に耳を傾ける。彼が助けた老婆が唄うのは、無理矢理引き離された祖国・朝鮮の歌だ。大人たちの話す言葉を捨て去るように、少年はほとんど話すことなくひたすら北上を続ける。少年の読み取れない表情と、彼が目にする荒涼とした風景だけが淡々と写しだされていく。実の母親をバットで撲殺した17歳の少年が自転車で逃走した末、16日後に逮捕されるという実際に起きた事件をもとに、ピンク映画の監督として知られ、近年海外でも特集上映が行われ再評価される若松孝二が、日本で頻発する少年犯罪を安易な解釈を加えることなく強烈に描ききっている。

【海外窓口】

シマフィルム
624-0951 京都府舞鶴市字上福井117
代表:志摩敏樹
tel: 0773-75-0652
fax: 0773-76-5591
E-mail: info@shimafilms.com