全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2005

Loft

LOFT ロフト

LOFT

公開日
2006年9月9日
上映時間
115 分
ジャンル
劇映画 , 長編
カラー
Color
上映フォーマット
35mm

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

日本テレビ, ミロビジョン, S・D・P

【解説】

監督は、『CURE キュア』『回路』の黒澤清。本作は、3年振りの長編となる。
スランプに陥った女性作家、礼子(中谷美紀)は、編集者、木島(西島秀俊)の勧めで、森と沼に囲まれた洋館に越してくる。向かいには、廃墟のような建物。礼子は、憑かれたように建物に入っていく。そこにいたのは、考古学者の吉岡誠(豊川悦司)だった。彼は、1000年前に沼に落ち、泥の成分でミイラ化した女性を大学に無断で保存していた。大学から疑われた吉岡は、ミイラを礼子に預ける。
ある日、礼子は木島に襲われる。木島は、礼子の前にも洋館に女性を住まわせて襲い、殺していた。礼子は、彼女の霊を見るようになる。
現実と妄想が交錯する世界の中、ミイラの謎によって紡がれた様々な事件が主人公たちを翻弄する。世界の混乱の中、吉岡と礼子の間に生まれる愛。しかし、沼にかかった滑車が突然回り出し、吉岡は沼に引きずり込まれてしまうのだった。

【プレミア表記】

ワールドプレミア: 釜山国際映画祭2005

【映画祭・受賞歴】

釜山国際映画祭2005

【海外窓口】

この作品については、こちらからお問い合わせください。→お問い合わせ