全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2007

Tennen Kokkeko

天然コケッコー

A GENTLE BREEZE IN THE VILLAGE

(c)2007「天然コケッコー」製作委員会

(c)2007「天然コケッコー」製作委員会

(c)2007「天然コケッコー」製作委員会

(c)2007「天然コケッコー」製作委員会

公開日
2007年7月28日
上映時間
121 分
ジャンル
ドラマ , ロマンス , 劇映画 , 長編
カラー
Color
上映フォーマット
35mm

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

『天然コケッコー』製作委員会

【解説】

原作はくらもちふさこの同名コミック、『リンダリンダリンダ』の山下敦弘が監督を手掛けた。自然豊かな田舎町を舞台に、中学生の女の子が初恋を通して成長していく姿を描く。トロント国際映画祭2007出品作品。
右田そよ(夏帆)は中学2年生。小中学生合わせても6人しかいない学校に東京から大沢広海(岡田将生)が転校してきた。そよは都会の雰囲気漂う大沢に心ときめくが、彼の乱暴な言動に戸惑いを覚える。ある日、みんなで海水浴に出掛ける。帰り道、電車に轢かれそうになったそよを広海が助けたことで、二人の距離が縮まっていく。季節は変わり、そよは中学3年生。地元の高校に進学を希望する。一緒に学校見学へ行くが、他人事のような広海。理由を問いただすと、東京の高校を受験するという。落ち込むそよの姿を目の当たりにした広海は考え直し、同じ高校を受験する。無事合格した二人は春から新しい生活を始めるのだった。

【公式サイト】

http://www.tenkoke.com/

【海外窓口】

この作品については、こちらからお問い合わせください。→お問い合わせ