全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

1961

Kaachan, shiguno iyada

かあちゃんしぐのいやだ

Don’t Ever Die, Mama!

公開日
1961年5月26日
上映時間
88 分
ジャンル
劇映画
カラー
-
上映フォーマット
-

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

松竹

【配給会社(国内)】

松竹

【解説】

平林良孝のベスト・セラーの映画化で木下恵介が脚色し、川頭義郎が監督した叙情編。撮影は荒野諒一が担当している。
二年生の平井良行が通学している福井県武生西小学校が、日本一の健康優良学校に選ばれた。良行の父は計理士で目下病気療養中、母が仕立物や店の帳簿つけで一家の生計を支えている。良行は次男で兄の良久は二つ年上だ。文化の日に、兄弟は母と街に出た。母は父の生家を教えた。それは立派な門構えの家で、父が病気になってから今の家に移ったのだ。母が懸命になって働く姿をみるたびに、良久も良行も早く大きくなって楽をさせたいと思った。良行は詩や作文を書くのが好きで、折にふれて父母や家のことを書きつづけた。寒い冬になった。良行はクリスマスに古釘を拾って集めた金で母に湯タンポを贈った。雪おろしも兄弟でやった。風邪をひいた兄弟のところに、二人の大好きなおばばがお菓子やお餅を持ってきてくれた。そしてお年玉もくれた。冬が過ぎて春がきた。父の病気は悪くなるばかり、入院することになり二人に模型飛行機を作ってくれた。母と三人でお花見に行った。夏になり、お祭りがやってきた。父の病気ははかばかしくない、母はもしものことがあっても……と二人に言ってきかせた。良行の書いた「母を讃える作文」が福井県知事賞に決まったと、土谷先生が知らせにきた。母は涙を流して喜んだ。県庁で表彰式があって間もなく、父が危篤になった。良行は賞品の時計を父の枕元においた。父は死んだ。三年前、父と一緒にきたお寺で葬式をした。

【映連データベースの作品紹介ページより】

【海外窓口】

松竹(株)
104-8422 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル13F
担当:佐藤究
tel: 03-5550-1623
fax: 03-5550-1654
E-mail: ibd@shochiku.co.jp
http://www.shochiku.co.jp


関連作品

彼岸花

彼岸花 (1958)

監督
小津安二郎
キャスト
有馬稲子, 久我美子, 佐田啓二

里見弴の小説を、小津安二郎・野田高梧のコンビが脚色したもので、結婚期にある三人の娘と、容易に意見の合わないそれぞれの家庭の親とを描いたもの。「東京暮色」以来一年ぶりに小津安二郎が監督し、厚田雄春が撮影した。山本富士子の他社初出演をはじめ、有馬稲子・久我美子・佐田啓二・佐分利信・高…

劇場公開日
1958年9月7日
夢のまにまに

夢のまにまに (2008)

監督
木村威夫
キャスト
長門裕之, 有馬稲子, 井上芳雄

伊丹十三の『タンポポ』、鈴木清順の『けんかえれじい』などで、日本映画の美術を長年に渡って担ってきた木村威夫が、90歳を迎えて長編劇映画の監督に転進。戦争体験世代の心情と、若者の絆を細やかに描き出している。 N・K芸術学院の学院長に就任した木室創(長門裕之)は学生・村上大輔(井…

劇場公開日
2008年10月18日
東京暮色 デジタル修復版

東京暮色 デジタル修復版 (1957)

監督
小津安二郎
キャスト
原節子, 有馬稲子, 笠智衆

1957年に公開された小津安二郎監督の『東京暮色』を4Kスキャニングで修復。母親の家出によって人生を狂わされた娘の苦悩と絶望を、原節子、有馬稲子、笠智衆、山田五十鈴、杉村春子ら錚々たる顔ぶれで描く。 銀行員の杉山(笠)は、同居する次女・明子(有馬)を心配している。母親の愛を知ら…

劇場公開日
未定
亡命記

亡命記 (1955)

監督
野村芳太郎
キャスト
佐田啓二, 岸惠子

作家・白藤茂の小説を原作に、日本人女性と中国人男性のカップルが、戦争によって翻弄される姿を描く。監督は、『砂の器』『八つ墓村』の野村芳太郎。 戦争最中、左千子(岸惠子)は、日本に留学していた中国人の医学生・顔紹昌(佐田啓二)と結婚。夫婦で南京に渡ると、紹昌は南京新政府に協力し、…

劇場公開日
1955年5月3日