全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2008

Yume no manimani

夢のまにまに

Dreaming Awake

(c)「夢のまにまに」フィルムパートナーズ

(c)「夢のまにまに」フィルムパートナーズ

(c)「夢のまにまに」フィルムパートナーズ

(c)「夢のまにまに」フィルムパートナーズ

(c)「夢のまにまに」フィルムパートナーズ

(c)「夢のまにまに」フィルムパートナーズ

公開日
2008年10月18日
上映時間
106 分
ジャンル
劇映画
カラー
Part Color
上映フォーマット
35mm

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

パル企画, ポニーキャニオン, トルネード・フィルム

【配給会社(国内)】

パル企画

【解説】

伊丹十三の『タンポポ』、鈴木清順の『けんかえれじい』などで、日本映画の美術を長年に渡って担ってきた木村威夫が、90歳を迎えて長編劇映画の監督に転進。戦争体験世代の心情と、若者の絆を細やかに描き出している。
N・K芸術学院の学院長に就任した木室創(長門裕之)は学生・村上大輔(井上芳雄)から声をかけられる。大輔はマリリン・モンローを模った腕の刺青をみせて「僕の最愛の人」と語る。その姿に、木室は自らの青春時代を思い起こす。戦後の飲み屋街で赤子を抱える女将(宮沢りえ)、義足の復員兵(浅野忠信)、飲み屋に集う若者たちの姿が浮かぶ。自宅に戻った木室を迎える妻・エミ子(有馬稲子)にも戦争の辛い思い出があり、今は身体の不調と認知症を抱えながら日々を送っていた。大輔は退学した後も木室と手紙を交わすが、死をほのめかし、やがてこの世を去る。大輔の母(桃井かおり)の手紙で事情を知った木室は、彼の才能と若さを惜しんで涙を流した。

【公式サイト】

http://yumemani.com/index.html

【映画祭・受賞歴】

函館港イルミナシオン映画祭2007
32回モントリオール世界映画祭 2008 新人監督コンペ作品

【海外窓口】

この作品については、こちらからお問い合わせください。→お問い合わせ