全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

1968

Kigeki Hachurui

喜劇 爬虫類

The Sexploiters

公開日
1968年5月15日
上映時間
90 分
ジャンル
劇映画
カラー
-
上映フォーマット
-

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

松竹

【配給会社(国内)】

松竹

【解説】

田坂啓がシナリオを執筆し、渡辺祐介が監督したコメディ。撮影は荒野諒一が担当している。
関、山口、露木、佐倉たちは、金髪のグラマー、メリイ・ハーローを看板スターに一座を組み、北陸の田舎町で稼ぎまくっていた。外人ヌードの全ストということで、満員つづきの毎日だったが、ある日県警風紀係の米田刑事に関たちは捕まってしまった。おかげで一座は演劇ヌードに転向したものの、客足はガタ落ち。4人はステーキを食べるメリイを横目に、たくわん飯しか食べられない羽目になってしまった。やがて一座はその地を退散、山奥の工事現場にやってきた。だが女に飢えた髭面男たちにつめかけられ、大混乱に陥った。ほうほうの態で逃げ出した一行は、温泉場にやってきたが、追ってきたやくざに損害賠償金として10万を請求されたのだ。困ったのは一座の金を使いこんでいた関。ところが、露木たちと関が衝突している間に、肝心のメリイがいなくなってしまった。探しあぐねた彼らの前に、メリイのヒモだという九条が現われた。メリイの夫がベトナムから帰るので引き取ったというのだった。怒った4人は九条に睡眠薬ビールを飲ませ、眠った九条を線路の上に置きざりにしてしまった。数時間後、関たち4人は宿で祝杯を上げていた。そこへ姿を現わしたのが、死んだはずの九条である。たちまち、5人は取っ組み合いの大喧嘩になってしまった。やがて5人は、精魂つきはてて倒れてしまったが、そんな彼らの視線がひとりの少女の上に注がれた・・・。

【映連データベースの作品紹介ページより】

【海外窓口】

松竹(株)
104-8422 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル13F
担当:佐藤究
tel: 03-5550-1623
fax: 03-5550-1654
E-mail: ibd@shochiku.co.jp
http://www.shochiku.co.jp


関連作品

男はつらいよ お帰り 寅さん

男はつらいよ お帰り 寅さん (2019)

監督
山田洋次
キャスト
渥美清, 倍賞千恵子, 吉岡秀隆

山田洋次監督による国民的人情喜劇『男はつらいよ』シリーズの50周年記念作品。1997年の第49作より22年ぶりに製作され、96年に亡くなった看板俳優・渥美清も出演。第32回東京国際映画祭オープニング作品。 かつて柴又帝釈天の参道にあった団子屋・くるまやは現在はカフェとして営業。…

劇場公開日
2019年12月27日
男はつらいよ

男はつらいよ (1969)

監督
山田洋次
キャスト
渥美清, 倍賞千恵子, 森川信

山田洋次と森崎東が、脚本を共同執筆し、山田洋次が監督した人情喜劇。撮影は高羽哲夫が担当している。 車寅次郎は、フーテンの寅と呼ばれる香具師。父親と喧嘩して飛び出した中学の時以来、ひょっこり故郷の葛飾柴又に帰って来た。なぜなら唯一人の妹・さくらを残して両親が死んだと風の便りに聞い…

劇場公開日
1969年8月27日
座頭市牢破り

座頭市牢破り (1967)

監督
山本薩夫
キャスト
勝新太郎, 三国連太郎, 西村晃

劇場公開日
1967年8月12日
君よ憤怒の河を渉れ

君よ憤怒の河を渉れ (1976)

監督
佐藤純彌
キャスト
高倉健, 中野良子, 原田芳雄

高倉健主演で「日本侠客伝」「網走番外地」 と並ぶ代表的シリーズ。唐獅子牡丹の刺青 とこころゆさぶる主題歌の旋律が、再びスク リーンに登場する高倉健の「昭和残侠伝」 第2弾。昭和の初め、栃木県宇都宮の石切 場を舞台にして、男のドラマが展開する。 【第28回東京国際映画祭 公式…

劇場公開日
1976年2月11日