検索エリアを開く閉じる

全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

男はつらいよ お帰り 寅さん

Tora-san, Welcome Back (Tentative title)

2019

Otoko wa tsuraiyo Okaeri Torasan

(c)2019松竹株式会社

(c)2019松竹株式会社

公開日 : 2019年12月27日
上映時間 : 未定
ジャンル : ドラマ , 劇映画

カラー : Color
上映フォーマット : -
スクリーンサイズ : -
サウンドプロセッシング : -

【監督】 山田洋次

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

松竹

【配給会社(国内)】

松竹

【解説】

物語は諏訪満男の妻の七回忌の法事から始まる。
柴又の帝釈天の参道に昔あった「くるまや」の店舗は新しくカフェに生まれ変わり、
その裏手に、昔のままの住居がある。法事のあと、ひとしきり昔話に花が咲く。
寅がマドンナを連れてくるたび、家中が大騒ぎだったことなど・・・
あれからもう半世紀の歳月が流れたのだ。満男は、長い間サラリーマンをしていたが、
その合間に書いた小説が認められ小説家になっていた。
そんなある日、満男の最新作の評判がよくサイン会をすることになる。
ところがその列に並ぶ客の中に初恋の人、一度は結婚の約束までした女性、及川泉の姿を
みて呆然となる。ヨーロッパで生活しているイズミは仕事で来日し、偶然サイン会に参加したのだった。イズミに再開した満男はサイン会もそこそこに「君に会わせたい人がいる」と小さなJAZZ喫茶にイズミを連れて行く。経営者の顔を見て驚くイズミ、それは20年以上前に奄美大島で会った寅の恋人のリリーだった。懐かしい人たちとの再会、思い返す寅さんのこと。
それは満男とイズミにあたたかい何かをもたらしていく。
イズミはその夜「くるまや」を訪れることになるのだが・・・

【公式サイト】

https://www.tora-san.jp/movie50

【海外窓口】

松竹(株)
104-8422 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル13F
担当:佐藤究
tel: 03-5550-1623
fax: 03-5550-1654
E-mail: ibd@shochiku.co.jp
http://www.shochiku.co.jp