全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2007

Ashita no Watashi no Tsukurikata

あしたの私のつくり方

How to Become Myself

(c)2007『あしたの私のつくり方』製作委員会

(c)2007『あしたの私のつくり方』製作委員会

(c)2007『あしたの私のつくり方』製作委員会

(c)2007『あしたの私のつくり方』製作委員会

公開日
2007年4月28日
上映時間
97 分
ジャンル
ドラマ , 劇映画
カラー
Color
上映フォーマット
35mm
サウンドプロセッシング
Dolby SR

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

2007『あしたの私のつくり方』製作委員会

【解説】

小学生の寿梨(成海璃子)は友達に調子を合わせ、偽りの自分を演じているうちに本来の自分を見失ってしまう。ある日、元クラスの人気者で、今はいじめられている同級生の日南子(前田敦子)から、いじめられている今の自分は本来の私ではないという話を聞き、共感する。その後、話す機会もないまま高校生になったふたり。日南子が高校生なるのを機に転校したことを聞いた寿梨は、名前を偽り、人から好かれる極意を綴った架空の女の子の物語を日南子にメールで送り始める。その物語の主人公を真似た日南子は人気者になっていくが、自分を偽っていることに戸惑い始めていた。寿梨もまた自分らしさを見失い、苦悩する日々。そんな寿梨の元に、日南子から電話がかかってくる。悩みをさらけ出し自分自身を受け入れたふたりは、自分らしく生きることを誓い合う。
監督は『トニー滝谷』の市川準。思春期の女の子が感じる普遍的な感情を描く。

【公式サイト】

http://watatsuku.goo.ne.jp

【映画祭・受賞歴】

KINOTAYO(キノタイヨ)日本映画祭 2007

【海外窓口】

この作品については、こちらからお問い合わせください。→お問い合わせ