全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

1972

Zatoichi goyotabi

座頭市御用旅

Zatoichi goyotabi

公開日
1972年1月15日
上映時間
88 分
ジャンル
-
カラー
Color
上映フォーマット
-

【監督】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

勝プロダクション

【配給会社(国内)】

東宝

【解説】

森一生監督によるシリーズ第23作。旅の女がやくざ者に大金を奪われて斬られる。市がかけつけたときには、すでに犯人の影はなく、身重の女は瀕死で、赤ん坊を産みかかっていた。市は、赤ん坊を取り上げるが、女は「野州・塩原の佐太郎に……」とだけ言い残して、こときれる。市は塩原の宿に行くが、佐太郎はおらず、佐太郎の妹・お八重に赤ん坊を渡し、旅に出ている佐太郎の帰りを待つことにした・・・。三國連太郎がまさに悪役といえるやくざの親分を好演し、またその子分役で若き日の石橋蓮司と蟹江敬三が出演している。

【東宝公式資料より】

【海外窓口】

東宝(株)
国際部

100-8415 東京都千代田区有楽町1-2-2
tel: 03-3591-3530
fax: 03-3591-6610
E-mail: tohointl@toho.co.jp
http://www.toho.co.jp


関連作品

薄桜記

薄桜記 (1959)

監督
森一生
キャスト
市川雷蔵, 勝新太郎, 真城千都世

浪人の中山安兵衛は叔父の助勢に高田馬場へ駆けつける途中、旗本の丹下典膳と知り合い、彼の助言によって決闘の相手を打ち倒した。典膳は同門の知心流の加勢をしなかったことを非難されて道場を破門になり、安兵衛もまた堀内流を破門された。ともに上杉家江戸家老の名代の妹・千春へ思いを寄せる二人は…

劇場公開日
1959年11月22日
座頭市牢破り

座頭市牢破り (1967)

監督
山本薩夫
キャスト
勝新太郎, 三国連太郎, 西村晃

劇場公開日
1967年8月12日
猫と庄造と二人のをんな

猫と庄造と二人のをんな (1956)

監督
豊田四郎
キャスト
森繁久彌, 香川京子, 山田五十鈴

谷崎潤一郎の文学の精髄を伝える文芸巨篇。猫を異常に愛する男と、女たちの欲と嫉妬を描く。 芦屋で小さな金物屋を営む庄造は、甲斐性なしで、猫のリリーを異常なほどかわいがっていた。妻の品子はしっかり者であったが、庄造の母・おりんと合わずに追い出された。しかも、グレた現代娘の福子が、た…

劇場公開日
1956年10月9日
座頭市  THE LAST

座頭市 THE LAST (2010)

監督
阪本順治
キャスト
香取慎吾, 反町隆史, 倍賞千恵子

盲目の流れ者・市が電光石火の早業で人を斬るという、日本映画史に残るアクション時代劇シリーズ『座頭市』。遂にシリーズ終焉を迎える本作では、これまで描かれることのなかった市の生い立ちなどが描かれ、より人間味溢れる側面を覗かせている。最愛の妻・タネ(石原さとみ)と「これが最後だから」と…

劇場公開日
2010年5月29日