全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

1950

Mata au hi made

また逢う日まで

Mata au hi made

公開日
1950年3月21日
上映時間
111 分
ジャンル
-
カラー
Monochrome
上映フォーマット
-

【監督】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

東宝

【配給会社(国内)】

東宝

【解説】

ロマン・ロランの小説「ピエールとリュース」をもとに、『青い山脈』の今井正がメガホンをとった日本映画史上最高の純愛映画。戦争に引き裂かれる若い男女の悲恋を描く。昭和18年、大学生の三郎と貧しい画家の螢子は、空襲警報の鳴り渡る地下鉄のホームで知りあった。二人は次第に恋心を募らせ、やがて結ばれるが、一方で戦火の勢いも刻々と増していた・・・。窓ガラス越しのキスシーンは日本映画史に輝く名場面。

【東宝公式資料より】

【海外窓口】

東宝(株)
国際部

100-8415 東京都千代田区有楽町1-2-2
担当:原口絵美
tel: 03-3591-3530
fax: 03-3591-6610
E-mail: tohointl@toho.co.jp
http://www.toho.co.jp


関連作品

おとうと

おとうと (1960)

監督
市川崑
キャスト
岸恵子, 川口浩, 田中絹代

げんと碧郎は、時には本気で喧嘩もするが仲の良い姉弟。厳格な父と病気がちの継母は小言ばかりで、碧郎はそんな家庭の雰囲気に反発するかのように万引き騒動を起こしたり、ボートや乗馬、ビリヤードに興じて姉のげんをいつも困らせた。2年後、碧郎の身体を結核が襲う。病室に付き添い、懸命に看病する…

劇場公開日
1960年11月1日
彼岸花

彼岸花 (1958)

監督
小津安二郎
キャスト
有馬稲子, 久我美子, 佐田啓二

里見弴の小説を、小津安二郎・野田高梧のコンビが脚色したもので、結婚期にある三人の娘と、容易に意見の合わないそれぞれの家庭の親とを描いたもの。「東京暮色」以来一年ぶりに小津安二郎が監督し、厚田雄春が撮影した。山本富士子の他社初出演をはじめ、有馬稲子・久我美子・佐田啓二・佐分利信・高…

劇場公開日
1958年9月7日
恋文

恋文 (1953)

監督
田中絹代
キャスト
森雅之, 久我美子, 香川京子

女優としてキャリアを重ねた田中絹代が初監督に挑んだ作品。豪華出演陣を迎え、運命に翻弄される男女を描く憂愁の恋愛ロマン。脚本を木下恵介が担当している。 終戦後、5年間探し続けている想い人、道子を探すために上京した礼吉は、定職に就かず弟の洋の家に居候していた。ある日、渋谷で偶然出会…

劇場公開日
1953年12月13日
噂の女

噂の女 (1954)

監督
溝口健二
キャスト
田中絹代, 大谷友右衛門, 久我美子

京都の色街・島原で置屋を女手一つで切り盛りしている初子。東京の音楽学校に通い婚約直前であった娘、雪子が自殺を図り、家へ戻ってくる。初子は年下の医者で思いを寄せている的場に娘を診せる。傷心の雪子であったが、いつしか親密となった的場に、母親の仕事のために自分の婚約が破棄されて自殺に及…

劇場公開日
1954年6月20日