全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2017

Eiga Yozora wa itsudemo saikomitsudo no aoiro da

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ

THE TOKYO NIGHT SKY IS ALWAYS THE DENSEST SHADE OF BLUE

(c)2017「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」製作委員会

(c)2017「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」製作委員会

(c)2017「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」製作委員会

(c)2017「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」製作委員会

公開日
2017年5月13日
上映時間
108 分
ジャンル
ドラマ , ロマンス , 劇映画
カラー
Color
上映フォーマット
DCP,Blu-ray
字幕入り上映
フォーマット
英語 (DCP,Blu-ray)

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

テレビ東京, 東京テアトル, ポニーキャニオン, 朝日新聞社, リトルモア

【配給会社(国内)】

東京テアトル, リトルモア

【解説】

詩人・最果タヒの詩集「夜空はいつでも最高密度の青色だ」を映画化。監督・脚本は、『舟を編む』の石井裕也。
看護師の美香(石橋静河)は、日々患者の死に囲まれる仕事と折り合いをつけながら、夜はガールズバーのアルバイトをしていた。建設現場で日雇いとして働く慎二(池松壮亮)は、同僚・智之(松田龍平)たちと何となくいつも一緒にいるが、漠然とした不安が消えない。ある日、慎二は智之たちと入ったガールズバーで、美香と出会い…。

【公式サイト】

http://www.yozora-movie.com

【映画祭・受賞歴】

2017 ベルリン国際映画祭
2017 香港国際映画祭
2017 東京国際映画祭 東京ジェムストーン賞(石橋静河)
2017 上海国際映画祭
2017 リオ・デ・ジャネイロ国際映画祭
2017 釜山国際映画祭

【海外窓口】

一般社団法人PFF
150-0011 東京都渋谷区東1-2-20 渋谷ファーストタワー
担当:久保田ゆり
tel: 03-5774-5296
fax: 03-3461-3483
E-mail: international@pff.jp
http://pff.jp


関連作品

舟を編む

舟を編む (2013)

監督
石井裕也
キャスト
松田龍平, 宮﨑あおい, オダギリジョー

辞書づくりに挑む編集者の情熱を、15年間の時の流れの中で辿るヒューマンドラマ。監督は、2008年にアジア・フィルム・アワードでアジア新人監督大賞を受賞した石井裕也。2012年本屋大賞に輝いた三浦しをんの同名小説が原作。第86回アカデミー外国語映画賞日本代表。 出版社の営業部に所…

劇場公開日
2013年4月13日
ガール・スパークス

ガール・スパークス (2007)

監督
石井裕也
キャスト
井川あゆこ, 猪股俊明, 中村無何有

長編1作目『剥き出しにっぽん』と共にロッテルダム国際映画祭、香港国際映画祭で特集上映され、いちやく注目を集めた石井裕也監督の初の女性主演作。空に意味不明のロケットが飛び交う不穏な世界を背景に、物事の全てに怒る女子高生の理不尽だが反骨的な暴走と迷走の青春を描く。「世界、ちょーむかつ…

劇場公開日
2007年11月7日
ぼくたちの家族

ぼくたちの家族 (2014)

監督
石井裕也
キャスト
妻夫木聡, 原田美枝子, 池松壮亮

『舟を編む』が第86回アカデミー賞外国語映画賞の日本代表に選ばれた石井裕也監督が、早見和真の同名小説を映画化。母の余命宣告によって崩壊の危機を迎えた家族が、奇蹟を信じて奮闘する様子を描く。 母・玲子(原田美枝子)に脳腫瘍が見つかった若菜家。さらに玲子のサラ金通いと父・克明(長塚…

劇場公開日
2014年5月24日
ハラがコレなんで

ハラがコレなんで (2011)

監督
石井裕也
キャスト
仲里依紗, 中村蒼, 石橋凌

肝っ玉妊婦が人助けに奔走する人情コメディ。監督は『川の底からこんにちは』で脚光を浴びた1980年代生まれの石井裕也で、長編3作目の本作でも個性豊かな庶民の奮闘を生き生きと描出した。妊娠9ヶ月の光子(仲里依紗)は“粋”がモットーの楽天家。夫も家も金もないまま、少女時代を過ごした長屋…

劇場公開日
2011年11月5日