全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2008

Kanki no uta

歓喜の歌

Double Trouble

(c)2008「歓喜の歌」パートナーズ

(c)2008「歓喜の歌」パートナーズ

(c)2008「歓喜の歌」パートナーズ

(c)2008「歓喜の歌」パートナーズ

公開日
2008年2月2日
上映時間
112 分
ジャンル
コメディ , 劇映画
カラー
Color
上映フォーマット
35mm
スクリーンサイズ
American Vista (1:1.85)
サウンドプロセッシング
DSR

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

「歓喜の歌」パートナーズ, シネカノン, ハピネット, 角川映画

【配給会社(国内)】

シネカノン

【制作会社】

シネカノン

【解説】

落語家・立川志の輔の同名落語をもとに、『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』で2007年日本アカデミー賞監督賞に輝いた松岡錠司が映画化したハートフル・コメディ。音楽は『レッドクリフpart1』の岩代太郎が担当。
12月30日、文化会館に一本の電話がかかってくる。電話を受けた主任・飯塚(小林薫)の返事に、部下・加藤(伊藤淳史)は凍りつく。似た名前の2つのコーラス・サークルを同じ団体と勘違いし、大晦日の日に両方のイベントの予約を受け付けていたのだ。飯塚は双方の責任者を呼び出して、話をつけようとするが、どちらも譲らない。時間を変更してもらおうとするが失敗。女遊びが原因で妻に見限られた上、強請られていたこともあって、公私共に行き詰まった飯塚だったが、一方のグループリーダーの五十嵐(安田成美)に提案された“合同コンサート”案の実現に奔走。数々の障害を乗り越えた翌日、文化ホールには「歓喜の歌」の大コーラスが響くのだった。

【公式サイト】

http://www.kankinouta.com/

【海外窓口】

この作品については、こちらからお問い合わせください。→お問い合わせ