全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2008

Aoi tori

青い鳥

The Blue Bird

(c)2008「青い鳥」製作委員会

(c)2008「青い鳥」製作委員会

(c)2008「青い鳥」製作委員会

(c)2008「青い鳥」製作委員会

公開日
2008年11月29日
上映時間
105 分
ジャンル
ドラマ , 劇映画
カラー
Color
上映フォーマット
35mm
スクリーンサイズ
American Vista (1:1.85)
サウンドプロセッシング
Dolby SR

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

バンダイビジュアル, デスティニー, 日楽堂

【配給会社(国内)】

日活, アニープラネット

【制作会社】

デスティニー

【解説】

日本に顕在化している、中学生・高校生のいじめの問題に向き合った、直木賞作家・重松清の2006年の短編小説の映画化。監督はこれがデビューとなる中西健二が務め、2008年東京国際映画祭“ある視点”部門に出品された。
前学期、いじめられた一人の男子生徒・野口が起こした自殺未遂で、東ヶ丘中学校は大きく揺れていた。新学期初日、そんな2年1組に一人の臨時教師が着任してくる。村内という男性教師(阿部寛)の挨拶に、生徒たちは驚く。彼は吃音だったのだ。うまくしゃべれない村内はその分“本気の言葉”で生徒たちと向かい合う。そんな彼が初めて生徒たちに命じたのは、野口の机と椅子を元の位置に戻すことだった。そして毎朝、その席に向かって「野口君おはよう」と声をかけた・・・その行為は、2年1組だけでなく、教師や保護者たちの間にも波紋を広げる。だが、村内はそれをやめようとはしなかった。そして、村内が2年1組を去る日が来る。

【公式サイト】

http://www.aoitori-movie.com/

【プレミア表記】

ワールドプレミア: 東京国際映画祭

【海外窓口】

この作品については、こちらからお問い合わせください。→お問い合わせ