全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2008

Sono hi no maeni

その日のまえに

Scenery to Remember

(c)

(c)

(c)

(c)

公開日
2008年11月1日
上映時間
139 分
ジャンル
ドラマ , 劇映画
カラー
Color
上映フォーマット
35mm
スクリーンサイズ
American Vista (1:1.85)
サウンドプロセッシング
DTS

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

2008「その日のまえに」製作委員会, WOWOW, PSC /大林宣彦事務所, 角川映画

【配給会社(国内)】

角川映画

【解説】

直木賞作家・重松清の同名連作小説を、『SADA 戯作・阿部定の生涯』で1998年ベルリン国際映画祭国際批評家連盟賞に輝いた大林宣彦が映画化。脚本は『異人たちとの夏』で大林監督とコンビを組んだ市川森一。
人気イラストレーターの日野原健大(南原清隆)は、売れない時代から支えてくれた妻・とし子(永作博美)と2人の息子に恵まれ幸せに暮らしていた。ある日、体の不調を感じ検査を受けたとし子に突然の余命宣告。一時退院の許可が出た日に健大ととし子は、浜風駅を訪れる。18年ぶりのその町は随分と変わってはいたものの、結婚当初暮らしたアパートは当時のまま残っていた。懐かしい人々や風景、そしてかけがえのない想い出が鮮やかに甦る。夫婦としての人生が始まったその場所を出発点として、今度は残された時間を大切に“その日”を迎える準備をしていく2人。死者が生者の元へ帰ってくると言われるお盆、健大は浜風の花火大会に息子たちを連れて行き笑顔のとし子と再会するのだった。

【公式サイト】

http://www.sonohi.jp

【海外窓口】

この作品については、こちらからお問い合わせください。→お問い合わせ