全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2002

Umi wa Miteita

海は見ていた

The Sea Watches

(c) 2002「海は見ていた」製作委員会

(c) 2002「海は見ていた」製作委員会

(c) 2002「海は見ていた」製作委員会

(c) 2002「海は見ていた」製作委員会

公開日
2002年7月27日
上映時間
119 分
ジャンル
劇映画 , 長編
カラー
Color
上映フォーマット
-

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

日活

【解説】

故・黒澤明監督の遺稿脚本を、熊井啓監督が忠実に映像化した時代恋愛劇。江戸・深川の女郎屋で働くお新(遠野凪子)は、ある夜刃傷沙汰を起こして逃げてきた若侍(吉岡秀隆)に恋をする。彼女の健気な姿を見た姉さん衆も彼女の恋を応援しようとするが、若侍はお新を妻にする気はまったくなく、姉妹のように思っていただけだった。寝込むほどに傷付いたお新のもとに、謎めいた良介(永瀬正俊)という男が現れる。同じく不幸な境遇のもと生まれた二人はお互いを想い合うようになる。そんなある日、深川一帯を大洪水が襲い、店を女将から任された菊乃(清水美砂)とお新たちは逃げ遅れる。その時菊乃のヒモである銀次(奥田瑛二)が金銭を奪いにやってきて、良介は彼を殺してしまう。良介を逃した菊乃たちは逃げ場を失い、ついに屋根まで追い詰められる。そこへ小舟に乗った良介が助けに現れるが、その舟に3人は乗れず、菊乃は自ら屋根に残ることを選ぶ。

【海外窓口】

この作品については、こちらからお問い合わせください。→お問い合わせ