全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2009

Shizumanu taiyo

沈まぬ太陽

THE UNBROKEN

(c) 2009 『沈まぬ太陽』製作委員会

(c) 2009 『沈まぬ太陽』製作委員会

(c) 2009 『沈まぬ太陽』製作委員会

(c) 2009 『沈まぬ太陽』製作委員会

公開日
2009年10月24日
上映時間
202 分
ジャンル
アクション・冒険 , ドラマ , 子供・家族 , 劇映画
カラー
Color
上映フォーマット
35mm,DCP
スクリーンサイズ
American Vista (1:1.85)
サウンドプロセッシング
Dolby SRD

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

『沈まぬ太陽』製作委員会

【配給会社(国内)】

東宝

【解説】

原作は「白い巨塔」など、社会派小説の大家として知られる山崎豊子の同名ベストセラー。日本が高度経済成長を遂げた昭和30~60年代を背景に、巨大企業に翻弄された男の苦闘を骨太なタッチで活写する。監督を『ホワイトアウト』の若松節朗、脚本を『陽はまた昇る』の西岡琢也が担当し、重厚なヒューマン・ドラマを作り上げた。
国民航空の労働組合委員長・恩地(渡辺謙)は、安全運行のためには職場環境の改善が不可欠と主張。労使交渉を勝ち抜くものの、上層部にうとまれてパキスタン、イラン、ケニアと10年間の僻地勤務を命じられてしまう。一方、同じ組合員だった同期の行天(三浦友和)は、会社側に寝返ってエリート街道へ。恩地もようやく本社に復帰するが不遇は続き、そのうえ国民航空のジャンボ機が御巣鷹山に墜落。遺族係として数々の悲劇を目の当たりにした恩地は、腐敗した組織の再建のために動き始める。

【公式サイト】

http://shizumanu-taiyo.jp/

【海外窓口】

この作品については、こちらからお問い合わせください。→お問い合わせ


関連作品

Fukushima 50

Fukushima 50 (2020)

監督
若松節朗
キャスト
佐藤浩市, 渡辺謙

東日本大地震によって危機的な状況に陥った福島第一原発の50人の作業たちを描く人間ドラマ。監督は、『沈まぬ太陽』などで知られる若松節朗。 想定外の大津波に襲われた福島第一原発(イチエフ)。全電源を喪失し、原子炉を冷やすことができないため、このままではメルトダウンを免れない…。原子…

劇場公開日
2020年3月6日
夜明けの街で

夜明けの街で (2011)

監督
若松節朗
キャスト
岸谷五朗, 深田恭子, 木村多江

今、日本で最も人気のある作家のひとりである東野圭吾の同名ベストセラーをもとにした、サスペンス仕立てのラブ・ストーリー。手がけた若松節朗監督は前作『沈まぬ太陽』が日本アカデミー賞最優秀作品賞に輝いている。大手建設会社に勤める渡部和也(岸谷五朗)は美しい妻と愛娘にも恵まれ、何不自由な…

劇場公開日
2011年10月8日
空母いぶき

空母いぶき (2019)

監督
若松節朗
キャスト
西島秀俊, 佐々木蔵之介, 佐藤浩市

『沈まぬ太陽』など骨太かつ重厚な人間ドラマを手がけてきた若松節朗監督が、かわぐちかいじ原作の同名漫画を映画化。日本に訪れた戦後かつてない危機を自衛隊、政府、メディアといった各々の立場から描く。 日本の最南端沖で、国籍不明の武装勢力が領土の一部を占拠。直ちに海上自衛隊は、“専守防…

劇場公開日
2019年5月24日
柘榴坂の仇討

柘榴坂の仇討 (2014)

監督
若松節朗
キャスト
中井貴一, 阿部寛, 広末涼子

時代の変化に翻弄される武士を描いた浅田次郎の短編小説を、『沈まぬ太陽』で第33回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した若松節朗監督が映画化。中井貴一、阿部寛、広末涼子、中村吉右衛門ら豪華キャストが競演した。 目の前で暗殺された主君・井伊直弼(中村)の仇討ちを誓った志村金吾(中井…

劇場公開日
2014年9月20日