全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2009

Warau keikan

笑う警官

THE LAUGHING POLICEMAN

(c) 2009 『笑う警官』製作委員会

(c) 2009 『笑う警官』製作委員会

(c) 2009 『笑う警官』製作委員会

(c) 2009 『笑う警官』製作委員会

公開日
2009年11月14日
上映時間
122 分
ジャンル
-
カラー
Color
上映フォーマット
35mm
スクリーンサイズ
Vista

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

タイムズイン

【配給会社(国内)】

東映

【解説】

実際の北海道警察の汚職事件に想を得た、佐々木譲の人気サスペンス小説「道警シリーズ」の第1弾を映画化。殺人犯の汚名を着せられた仲間の無実を証明すべく、有志の刑事たちが限られた時間のなかで奔走する。監督は1997年版の『時をかける少女』以来、12年ぶりのメガホンとなった角川春樹。製作と脚本も兼任し、原作の展開に手を加え、オリジナルのラストを用意した。北海道警察による組織ぐるみの裏金工作疑惑が浮上するなか、札幌市内のアパートで元ミス道警の変死体が発見される。すぐさま彼女のかつての交際相手・津久井巡査(宮迫博之)が容疑者として指名手配され、異例の射殺命令まで下る事態となる。だが任務で津久井とコンビを組んだことのある佐伯警部補(大森南朋)は、こうした上層部の性急かつ過剰な反応を疑問視。佐伯は女性刑事の小島(松雪泰子)や新人の新宮(忍成修吾)など、賛同者の同僚と共に津久井の無罪を信じて秘密裡に捜査を開始する。

【公式サイト】

http://www.warau-keikan.com/

【海外窓口】

この作品については、こちらからお問い合わせください。→お問い合わせ