全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2009

傑・力・珍・怪 映画祭 / KETSU RIKI CHIN KAI Movie FestivalI

Haidokeibu no Jikenbo Hitokui-Yama

灰土警部の事件簿 人喰山

Hitokui-Yama (Man-eater Mountain)

公開日
2009年8月8日
上映時間
28 分
ジャンル
ホラー , ミステリー , アニメーション
カラー
Monochrome
上映フォーマット
MiniDV
スクリーンサイズ
Standard (1:1.37)
サウンドプロセッシング
Stereo

【監督】

【スタッフ】

【解説】

“紙芝居アニメ”と銘打ち、墨絵のモンタージュ(すべて静止画)と語りで構成された異色ホラー。アニメーション作家・にいやなおゆきが作・画・弁士を務めている。残虐な連続殺人事件の現場検証にやって来た、血も涙もない灰土警部。人喰山と呼ばれるその地は阿鼻叫喚の恐怖地獄だった。だが、麓の村で美少女ハルコと出会った警部は、彼女とのふれあいを通して、赤子のような心を取り戻すのだった。

【公式サイト】

http://ketsuriki.com/

【海外窓口】

この作品については、こちらからお問い合わせください。→お問い合わせ


関連作品

ひかりのたび

ひかりのたび (2017)

監督
澤田サンダー
キャスト
志田彩良, 浜田晃

2007年に絵本「幼なじみのバッキー」を発表し、岡本太郎現代芸術賞入選の経歴を持つ新鋭・澤田サンダーの商業映画デビュー作。“不動産売買”をテーマに、人間の多面性をモノクロームの映像で描く。 とある地方都市に冷酷非情なやり方で成り上がった不動産ブローカー・植田登(高川裕也)。高校…

劇場公開日
2017年9月16日
渡辺護自伝的ドキュメンタリー 第1部 糸の切れた凧 渡辺護が語る渡辺護 後篇

渡辺護自伝的ドキュメンタリー 第1部 糸の切れた凧 渡辺護が語る渡辺護 後篇 (2012)

監督
井川耕一郎
キャスト
渡辺護

200本以上のピンク映画を撮り、その監督人生をピンク映画一筋に捧げた渡辺護が、自身の人生を語るドキュメンタリーの第一部・後篇。監督は、晩年の渡辺作品で脚本を務めた井川耕一郎。 戦後、八田元夫演出研究所で演劇を学んだ渡辺は、TVドラマの俳優や、教育映画の助監督を経て、ピンク映画『…

劇場公開日
2016年8月16日
渡辺護自伝的ドキュメンタリー 第2部 つわものどもが遊びのあと 渡辺護が語るピンク映画史 後篇

渡辺護自伝的ドキュメンタリー 第2部 つわものどもが遊びのあと 渡辺護が語るピンク映画史 後篇 (2012)

監督
井川耕一郎
キャスト
渡辺護

200本以上のピンク映画を撮り、その監督人生をピンク映画一筋に捧げた渡辺護が、自身の人生を語るドキュメンタリーの第二部・後篇。監督は、晩年の渡辺作品で脚本を務めた井川耕一郎。 年間10本もの映画を撮り、売れっ子となっていた渡辺だが、いつかは監督ができなくなるのではという思いも同…

劇場公開日
2016年9月13日
渡辺護自伝的ドキュメンタリー 第2部 つわものどもが遊びのあと 渡辺護が語るピンク映画史 前篇

渡辺護自伝的ドキュメンタリー 第2部 つわものどもが遊びのあと 渡辺護が語るピンク映画史 前篇 (2012)

監督
井川耕一郎
キャスト
渡辺護

200本以上のピンク映画を撮り、その監督人生をピンク映画一筋に捧げた渡辺護が、自身の人生を語るドキュメンタリーの第二部・前篇。監督は、晩年の渡辺作品で脚本を務めた井川耕一郎。 ピンク映画で活躍し出した渡辺だが、デビュー作『あばずれ』を超えられないという不安に襲われていた。やがて…

劇場公開日
2016年9月5日