全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2006

Kiraware Matsuko no Issho

嫌われ松子の一生

memories of MATSUKO

(c) 2006「嫌われ松子の一生」製作委員会

(c) 2006「嫌われ松子の一生」製作委員会

(c) 2006「嫌われ松子の一生」製作委員会

(c) 2006「嫌われ松子の一生」製作委員会

公開日
2006年5月27日
上映時間
130 分
ジャンル
劇映画
カラー
Color
上映フォーマット
35mm

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

アミューズソフト, TBS, S・D・P, 幻冬舎, 東宝, 博報堂DYメディアパートナーズ, TOKYO FM, PARCO, ホリプロ, ワーナーミュージック・ジャパン, スープレックス

【解説】

『'下妻物語'』の'中島哲也'監督が、'山田宗樹'の同名ベストセラー小説を映画化。愛する人との幸せを信じて突っ走る女性の波乱万丈な生き様を、ドラマティックに綴った。松子の悲惨な人生を歌にのせ、ミュージカル風に描写。ポップな衣装、400カットを超えるCGとアニメを駆使し、ファンタスティックな世界を作り上げている。
昭和22年、福岡県大野島生まれの川尻松子('中谷美紀')は、愛する人との結婚生活を夢見る独身女性。エリートコースを歩んでいたが、教師をクビになったことから人生が転落し始める。そんな松子の夢は男性との幸せな暮らし。ところが現実は裏切られるばかり。同棲相手の自殺から始まり、不倫相手に捨てられ、ヒモである男を殺害し、挙句の果てに刑務所に送られる。それでも好きな人との幸せを夢見る松子。ささやかな彼女の思いは叶わぬまま、殺害され一生を終える。

【映画祭・受賞歴】

台北金馬影展(台湾)2006
釜山国際映画祭2006
ハワイ国際映画祭2006
日本アカデミー賞 2006 最優秀主演女優賞

【海外窓口】

(株)TBSテレビ
メディアビジネス局 海外販売事業部

107-8006 東京都港区赤坂5-3-6 TBS放送センター17F
担当:海外映画セールス
tel: 03-5571-3085
fax: 03-3505-1584
http://www.tbscontents.com


関連作品

告白

告白 (2010)

監督
中島哲也
キャスト
松たか子, 岡田将生, 木村佳乃

湊かなえのミステリー小説を原作に、『下妻物語』『嫌われ松子の一生』の中島哲也監督が、持ち前のポップでコミカルな映像感覚を封印し、シリアスな演出に徹して新境地を開拓した衝撃作。第83回アカデミー賞外国語映画賞部門の日本代表作品に選出された。数ヶ月前に娘を亡くした中学教師・森口悠子(…

劇場公開日
2010年6月5日
パコと魔法の絵本

パコと魔法の絵本 (2008)

監督
中島哲也
キャスト
役所広司, アヤカ・ウィルソン, 妻夫木聡

原作は2004年に上演され話題となった、舞台作家・後藤ひろひとの『MIDSUMMER CAROL ガマ王子 vs ザリガニ 魔人』。ポップな色彩感覚が鮮烈な『下妻物語』『嫌われ松子の一生』の中島哲也が新しい解釈で映像化した。クライマックスの3DのCGと、実写のライブアクションの合…

劇場公開日
2008年9月13日
下妻物語

下妻物語 (2004)

監督
中島哲也
キャスト
土屋アンナ, 深田恭子

ロリータファッションに身を包む桃子(深田恭子)は、父親の起こしたトラブルのせいで、田舎町・茨城県下妻に移り住むことになる。そこで、桃子はスケ番スタイルのイチゴ(土屋アンナ)と出会う。見た目も性格も正反対のふたりだが、イチゴは桃子の根性の据わった性格を気に入り、行動をともにするよう…

劇場公開日
2004年5月29日
来る

来る (2018)

監督
中島哲也
キャスト
岡田准一, 黒木華, 小松菜奈

澤村伊智の日本ホラー大賞受賞作「ぼぎわんが、来る」を、『告白』などで国内外で高い評価を受けている中島哲也が実写化。主演は、『関ヶ原』の岡田准一。 妻と幼い娘と暮らす田原秀樹(妻夫木聡)は、周囲で起こる不可解な出来事に悩まされていた。知人の伝手でフリーライターの野崎(岡田)と霊感…

劇場公開日
2018年12月7日