全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2005

The Uchouten Hotel

THE 有頂天ホテル

Suite Dreams

公開日
2006年1月14日
上映時間
136 分
ジャンル
劇映画
カラー
Color
上映フォーマット
35mm

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

フジテレビジョン, 東宝

【解説】

『ラヂオの時間』『みんなのいえ』の三谷幸喜の監督3作目。大晦日の高級ホテルで繰り広げられる涙と笑いの大騒動を描いた群像劇。『バベル』の役所広司など日本映画を代表する23人のキャストが集結した。
舞台は大晦日を迎えた高級ホテル「ホテルアバンティ」。年越しのカウントダウン・パーティーの準備でホテルの従業員は大慌て。中でも副支配人の新堂平吉(役所広司)は、次々にわき起こるさまざまな問題に臨機応変な対応を迫られて、四苦八苦していた。そんな中、ホテルを訪れたのは受賞式のためにやって来た教師、堀田衛(角野卓造)とその妻、由美(原田美枝子)、汚職議員・武藤田勝利(佐藤浩市)、大物演歌歌手・徳川膳武(西田敏行)、コールガールのヨーコ(篠原涼子)などワケありの宿泊者たち。1年の節目である大晦日をそれぞれが複雑な気持ちで迎える。

【映画祭・受賞歴】

モントリオール世界映画祭2006
台北金馬影展(台湾)2006

【海外窓口】

(株)ポニーキャニオン
105-8487 東京都港区虎ノ門2-5-10
tel: 03-5521-8016
fax: 03-5521-8107
E-mail: intl@ponycanyon.co.jp
http://www.ponycanyon.co.jp