全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2011

Robo to miri

ロボとミリ

ROBO & MIRI PERSONNEL

(c)2011 muttnik

(c)2011 muttnik

(c)2011 muttnik

(c)2011 muttnik

(c)2011 muttnik

(c)2011 muttnik

(c)2011 muttnik

(c)2011 muttnik

(c)2011 muttnik

(c)2011 muttnik

公開日
2015年11月28日
上映時間
77 分
ジャンル
ドラマ , 劇映画
カラー
Color
上映フォーマット
Blu-ray,DVD

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

muttnik

【配給会社(国内)】

muttnik

【制作会社】

muttnik

【解説】

第28回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュに出品された『アレノ』の越川道夫が、東日本大震災直後に撮り上げたラブストーリー。セリフはすべて俳優たちの即興で、演技や撮り方を全員で話し合って決めるセッション形式で撮影された。
大地震の影響で暗い街になってしまった渋谷。帰る場所をもたないデリヘル嬢のミリ(田村愛)は、産業廃棄物として捨てられたロボット(柄本佑)と出会い、ともに一夜を過ごすことに。

【海外窓口】

(株)フルモテルモ
225-0014 神奈川県横浜市青葉区荏田西1-9-3-201
代表:財前健一郎
担当:財前健一郎
fax: 045-330-4075
E-mail: zaizen@fulmotelmo.com


関連作品

痛くない死に方

痛くない死に方 (2020)

監督
高橋伴明
キャスト
柄本佑

劇場公開日
2020年
火口のふたり

火口のふたり (2019)

監督
荒井晴彦
キャスト
柄本佑, 瀧内公美

日本を代表する脚本家・新井晴彦が、『身も心も』『この国の空』に続き脚本・監督に挑んだエロティシズムあふれる作品。愛欲の世界にのめり込む男女の危うい関係を描いた、直木賞作家・白石一文による初の映画化作品。 結婚式を間近に控えた直子(瀧内公美)は、故郷の秋田に帰省した昔の恋人・賢治…

劇場公開日
2019年8月23日
素敵なダイナマイトスキャンダル

素敵なダイナマイトスキャンダル (2018)

監督
冨永昌敬
キャスト
柄本佑, 前田敦子, 三浦透子

作家・末井昭の自伝的エッセイを映画化。壮絶な体験をした主人公が、70 ~ 80年代のサブカルチャーを牽引する雑誌の編集長になるまでを描く。監督・脚本は、『パビリオン山椒魚』の冨永昌敬。 7歳のときに母親が隣家の若い息子とダイナマイト心中するという衝撃的な経験をした末井(柄本佑)…

劇場公開日
2018年3月17日
きみの鳥はうたえる

きみの鳥はうたえる (2018)

監督
三宅唱
キャスト
柄本佑, 石橋静河, 染谷将太

孤高の作家・佐藤泰志による青春小説の映画化。東京から函館に舞台を移し、柄本佑、石橋静河、染谷将太ら若手実力派俳優が瑞々しい演技で魅せる。監督は、新鋭・三宅唱。 函館郊外の書店で働く「僕」(柄本)は、体の関係となった同僚の佐知子(石橋)と、同居中の友人・静雄(染谷)の3人で毎晩の…

劇場公開日
2018年9月1日