全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2007

Akai Bunka Jutaku no Hatsuko

赤い文化住宅の初子

Akai Bunka Jutaku no Hatsuko

(c)2007 松田洋子・太田出版/「赤い文化住宅の初子」フィルムパートナーズ

(c)2007 松田洋子・太田出版/「赤い文化住宅の初子」フィルムパートナーズ

(c)2007 松田洋子・太田出版/「赤い文化住宅の初子」フィルムパートナーズ

(c)2007 松田洋子・太田出版/「赤い文化住宅の初子」フィルムパートナーズ

(c)2007 松田洋子・太田出版/「赤い文化住宅の初子」フィルムパートナーズ

(c)2007 松田洋子・太田出版/「赤い文化住宅の初子」フィルムパートナーズ

公開日
2007年5月12日
上映時間
100 分
ジャンル
ドラマ , 劇映画
カラー
Color
上映フォーマット
35mm
サウンドプロセッシング
Stereo

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

トライネットエンタテインメント, JVCエンタテインメント, スローラーナー

【解説】

兄と二人、文化住宅に暮らす15歳の初子(東亜優)。小さい頃に母親を亡くし、父親は蒸発。高校を中退して工場で働く兄(塩谷瞬)は、わずかな生活費を風俗に使う有様。貧乏で友達もいない初子にとって、同じ高校に行こうと勉強を教えてくれる同級生の男の子、三島(佐野和真)の存在だけが心のよりどころだった。しかし、トラブルを起こした兄は工場をくびになり、初子は、高校に行く夢を諦める。
春、高校生になった三島とビスケット工場で働く初子のささやかな付き合いは続いていた。ある日、失踪した父親が現れる。母親の元に逝こうと家に火をつける酒乱の父親。ついには住む場所を失い、三島との結婚の約束だけを心の支えに、初子は一人町を離れるのだった。
監督は、『タカダワタル的』『月とチェリー』のタナダユキ。07年は、脚本を担当した『さくらん』が話題となった。原作は、松田洋子の同名漫画。

【公式サイト】

http://www.hatsuko-movie.com

【海外窓口】

この作品については、こちらからお問い合わせください。→お問い合わせ