全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2008

Hyakuman-en to nigamushi onna

百万円と苦虫女

One Million Yen Girl

(c)2008 「百万円と苦虫女」製作委員会

(c)2008 「百万円と苦虫女」製作委員会

(c)2008 「百万円と苦虫女」製作委員会

(c)2008 「百万円と苦虫女」製作委員会

公開日
2008年7月19日
上映時間
121 分
ジャンル
ドラマ , 劇映画
カラー
Color
上映フォーマット
35mm
スクリーンサイズ
American Vista (1:1.85)
サウンドプロセッシング
-,Dolby SRD

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

「百万円と苦虫女」製作委員会

【配給会社(国内)】

日活

【制作会社】

日活撮影所

【解説】

若手女性監督として注目を集めているタナダユキが、映画、TVCMにと大人気の蒼井優(『花とアリス』『フラガール』)を主演にしたロードムービー。
短大を出たものの、たいした特技もなくフリーターになった鈴子(蒼井優)はちょっとしたことから前科者になってしまい、近隣の人だけでなく家族にまでじゃま扱いをされる。百万円貯めて、誰も自分のことを知らない所に行こう。また百万円貯まったら、また違う町に行こう。そう決めた鈴子は必死で働き、貯金をする。かき氷を作る天才だと言われた海辺の町、桃もぎの天才だと言われた果樹の村。引っ越しを繰り返す中で人々のやさしさに触れ、鈴子は少しずつ成長していく。そして、ある地方都市でのアルバイトで出会った大学生・中島亮平(森山未來)と恋に落ちる。しかし、百万円が貯まってしまった鈴子はまた次の場所を目指してスーツケースひとつを引きずり旅立つのだった。

【公式サイト】

http://www.nigamushi.com

【海外窓口】

この作品については、こちらからお問い合わせください。→お問い合わせ


関連作品

ロマンスドール

ロマンスドール (2019)

監督
タナダユキ
キャスト
高橋一生, 蒼井優, きたろう

2008年に発表した自身初のオリジナル同名小説を、タナダユキ監督が自ら脚本も手掛けて実写化。主演の夫婦には、『リリイ・シュシュのすべて』以来18年ぶりの映画共演となる高橋一生と蒼井優を起用。 ラブドール職人の哲雄(高橋)は、一目惚れした気立てのいい園子(蒼井)と結婚するが、仕事…

劇場公開日
2020年1月24日
ロマンス

ロマンス (2015)

監督
タナダユキ
キャスト
大島優子, 大倉孝二, 野嵜好美

新宿~箱根間を運行する小田急電鉄の特急電車ロマンスカーを題材にしたロードムービー。監督は、第37回モントリオール国際映画祭に正式出品された『四十九日のレシピ』のタナダユキ。大島優子が主演を務める。 ロマンスカーのアテンダントとして働く鉢子(大島)は、自称映画プロデューサーという…

劇場公開日
2015年8月29日
赤い文化住宅の初子

赤い文化住宅の初子 (2007)

監督
タナダユキ
キャスト
東亜優, 塩谷瞬, 佐野和真

兄と二人、文化住宅に暮らす15歳の初子(東亜優)。小さい頃に母親を亡くし、父親は蒸発。高校を中退して工場で働く兄(塩谷瞬)は、わずかな生活費を風俗に使う有様。貧乏で友達もいない初子にとって、同じ高校に行こうと勉強を教えてくれる同級生の男の子、三島(佐野和真)の存在だけが心のよりど…

劇場公開日
2007年5月12日
四十九日のレシピ

四十九日のレシピ (2013)

監督
タナダユキ
キャスト
永作博美, 石橋蓮司, 岡田将生

伊吹有喜の人気小説を『百万円と苦虫女』のタナダユキ監督、『八日目の蝉』の永作博美主演で映画化。母が遺した“人生のレシピ”が心に傷を抱えた家族を再生させてゆく。第37回モントリオール国際映画祭正式出品。 熱田家の母・乙美が死んだ。残された父・良平(石橋蓮司)と娘の百合子(永作)は…

劇場公開日
2013年11月9日