検索エリアを開く閉じる

全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

ハイ・ティーン

High Teen

1959

High teen

公開日 : 1959年5月26日
上映時間 : 107 分
ジャンル : 劇映画

カラー : -
上映フォーマット : -
スクリーンサイズ : -
サウンドプロセッシング : -

【監督】 井上和男

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

松竹

【配給会社(国内)】

松竹

【解説】

上田平雄の原作を山内久が脚色し、井上和男が監督した青春映画。撮影は長岡博之が担当。
××高校の新任教師・寺崎は、手のつけられない生徒が多くて教師泣かせの、三年C組の担任を命ぜられた。着任早々、ラグビー部の中西・仁礼らの仕掛けた南京花火に驚かされた。その上、遅刻、欠席の常習犯である丘田早苗に、プールへ一緒に行くことを承知させられた。寺崎は早苗からこんな話を聞いた。早苗が悪くなったのは、一人の兄に嫁が来てからであり、中西が反抗的になったのは、母がよその男と寝ているところを見てからだなど。遠足のシーズンが来た。三年C組は東海村の原子炉見学に出かけた。宿屋の主人が、品物を盗むようなことはしないでくれと言ったことから、生徒間の空気は硬化した。彼らは手当り次第に宿屋の品物を自分のバッグに詰めた。ラグビー試合の日、応援していた女生徒・和枝が倒れた。妊娠三カ月だった。仁礼が自ら父親だと名のり出、退学した。相次ぐ不祥事件に、寺崎は非難の矢面に立たされた。寺崎はヤケ酒をあおり焼鳥屋を出たところで、仁礼に出会った。仁礼は和枝を妊娠させたのは和枝の義父であり、和枝は中西を好きだったのだと言った。二人が仁礼の兄の経営するキャバレーを訪れた時、中西が母の情夫を切って警察に連行されたという知らせがあった…。

【映連データベースの作品紹介ページより】

【海外窓口】

松竹(株)
104-8422 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル13F
担当:佐藤究
tel: 03-5550-1623
fax: 03-5550-1654
E-mail: ibd@shochiku.co.jp
http://www.shochiku.co.jp