全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

1961

Mozu

もず

The Shrikes

公開日
1961年3月1日
上映時間
95 分
ジャンル
劇映画
カラー
-
上映フォーマット
-

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

松竹

【配給会社(国内)】

松竹

【解説】

テレビ・ドラマを水木洋子が自ら脚色した、母と娘の情愛をテーマにしたもので渋谷実が監督した。撮影は長岡博之が担当している。
新橋裏の三流小料理屋「一福」の住込み女中すが子のところへ、松山から娘のさち子が訪ねてきた。二人の再会は20年ぶりで、さち子は結婚生活に破れ、美容師になるにめの上京だった。たまたますが子のパトロン藤村との逢瀬を目撃したさち子は、母のすさんだ生活を嫌悪した。さち子が都心の美容院に職が決まった日、母の同僚おなかがすが子が倒れたと知らせてきた。すが子は「一福」のお女将とうまくゆかず、同僚のおてるの家に厄介になっていた。さち子も一緒に住むことになり、病状とともに母娘の仲もよくなっていった。おてるの叔母一恵がさち子に縁談を持ってきた。相手が60の老人だというのに、さち子が見合を承諾したことで、また母娘の仲は険悪になった。3ヶ月後、母娘は阿部ツネの部屋に移った。さち子の同僚アヤ子の紹介だった。すが子は「一福」をやめ、藤村と手を切った。その頃、松山から酒田という青年が上京した。彼は青年会で会って以来、さち子を愛していた。酒田の求婚をさち子は断った。すが子は酒田の出現を嫉妬した。口喧嘩の翌朝、すが子は自殺をはかった。母との生活に疲れきったさち子は、松山に帰る決心をした。しかし、すが子が再び倒れ、死の宣告をうけた。無理して入院させたものの医療費に困り、藤村に相談すると交換条件にさち子の体を要求した。万事窮したさち子は藤村に身をまかしたが・・・。

【映連データベースの作品紹介ページより】

【海外窓口】

松竹(株)
104-8422 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル13F
担当:佐藤究
tel: 03-5550-1623
fax: 03-5550-1654
E-mail: ibd@shochiku.co.jp
http://www.shochiku.co.jp


関連作品

彦とベガ

彦とベガ (2014)

監督
谷口未央
キャスト
川津祐介, 原知佐子, 柳谷一成

認知症の妻と、妻を見守る夫の姿を描いたヒューマンドラマ。現役の介護士でもある谷口未央監督が、認知症の現実を描き出す長編デビュー作品。 山あいの古民家に暮らす老夫婦、比古朝雄(川津祐介)とこと(原知佐子)。認知症のことは自分を16歳の少女だと思い込んでいる。比古家を訪れた若いヘル…

劇場公開日
2016年7月16日
ナンバーテンブルース さらばサイゴン

ナンバーテンブルース さらばサイゴン (2012)

監督
長田紀生
キャスト
川津祐介, タン・ラン, 磯村健治

ベトナム戦争末期に旧南ベトナムで撮影され、37年後の2012年に完成したバイオレンスアクション。第42回ロッテルダム国際映画祭ほか世界各国で上映された。『修羅雪姫』などの脚本家として知られる長田紀生の初監督作品。 1975年、南ベトナム。気ままな暮らしを楽しんでいた商社マン・杉…

劇場公開日
2014年4月26日
彼岸花

彼岸花 (1958)

監督
小津安二郎
キャスト
有馬稲子, 久我美子, 佐田啓二

里見弴の小説を、小津安二郎・野田高梧のコンビが脚色したもので、結婚期にある三人の娘と、容易に意見の合わないそれぞれの家庭の親とを描いたもの。「東京暮色」以来一年ぶりに小津安二郎が監督し、厚田雄春が撮影した。山本富士子の他社初出演をはじめ、有馬稲子・久我美子・佐田啓二・佐分利信・高…

劇場公開日
1958年9月7日
夢のまにまに

夢のまにまに (2008)

監督
木村威夫
キャスト
長門裕之, 有馬稲子, 井上芳雄

伊丹十三の『タンポポ』、鈴木清順の『けんかえれじい』などで、日本映画の美術を長年に渡って担ってきた木村威夫が、90歳を迎えて長編劇映画の監督に転進。戦争体験世代の心情と、若者の絆を細やかに描き出している。 N・K芸術学院の学院長に就任した木室創(長門裕之)は学生・村上大輔(井…

劇場公開日
2008年10月18日