全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

1962

Hidari kiki no sogekishu Tokyo-wan

左ききの狙撃者・東京湾

Tokyo Bay

公開日
1962年5月27日
上映時間
83 分
ジャンル
劇映画
カラー
-
上映フォーマット
-

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

松竹

【配給会社(国内)】

松竹

【解説】

佐田啓二の企画第一回作品で松山善三と多賀祥介が共同で脚本を執筆、野村芳太郎が監督した刑事もの。撮影は川又昂が担当している。
麻薬取締官佐伯は、東亜ビルの前で駐車中射殺された。射った角度から犯人は左利きと判断された。捜査一課は麻薬課の林取締官の協力を得て、麻薬関係者の立ち廻り先を洗うことになった。それは一杯飲み屋「湖月」とその女将、麻薬売買の責任者らしき住所不定の武山、ガソリン・スタンドの店主増田、一味の連絡場所とみられる麻雀クラブ「竜」のマスター、薬の運び人君子、その夫で盲目の大野達である。捜査一課の澄川刑事は、彼の妹ゆき子の恋人である秋根刑事とコンビで捜査に当たることになった。君子が現行犯であげられ、夫の大野も取り調べをうけ

【映連データベースの作品紹介ページより】

【海外窓口】

松竹(株)
104-8422 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル13F
担当:佐藤究
tel: 03-5550-1623
fax: 03-5550-1654
E-mail: ibd@shochiku.co.jp
http://www.shochiku.co.jp


関連作品

亡命記

亡命記 (1955)

監督
野村芳太郎
キャスト
佐田啓二, 岸惠子

作家・白藤茂の小説を原作に、日本人女性と中国人男性のカップルが、戦争によって翻弄される姿を描く。監督は、『砂の器』『八つ墓村』の野村芳太郎。 戦争最中、左千子(岸惠子)は、日本に留学していた中国人の医学生・顔紹昌(佐田啓二)と結婚。夫婦で南京に渡ると、紹昌は南京新政府に協力し、…

劇場公開日
1955年5月3日
新しい風〜若き日の依田勉三〜

新しい風〜若き日の依田勉三〜 (2004)

監督
松島哲也
キャスト
北村一輝, 富田靖子, 風間トオル

劇場公開日
2004年12月25日
ファーストラヴ

ファーストラヴ (2021)

監督
堤幸彦
キャスト
北川景子

劇場公開日
2021年
HOKUSAI

HOKUSAI (2020)

監督
橋本一
キャスト
柳楽優弥, 田中泯, 永山瑛太

19世紀にヨーロッパでジャポニズムブームを巻き起こし、ゴッホ、モネ、ゴーギャンなど数多くの画家に影響を与えた、世界で最も有名な日本人・葛飾北斎。平均寿命40歳の時代に享年90歳という生涯を生き、70歳を超えて大ヒットシリーズ「冨嶽三十六景」を発表した。それでも尚、多くの謎に包まれ…

劇場公開日
2021年