全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

1965

Kono koe naki sakebi

この声なき叫び

The Soundless Cry

公開日
1965年1月30日
上映時間
99 分
ジャンル
劇映画
カラー
-
上映フォーマット
-

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

松竹

【配給会社(国内)】

松竹

【解説】

西村京太郎原作「四つの終止符」を柳井隆雄、石田守良、今井金次郎が共同で脚色、市村泰一が監督したシリアスドラマ。撮影は小原治夫が担当している。
佐々木晋一は、生まれながらにして聾者という不幸を背負い、病弱な母との生活を支える工員であった。不幸に閉ざされた晋一の心は、工員相手のバーに勤める石母田幸子に出会って、わずかに明るさを加わえた。そんな晋一を誰よりも喜んだのは母の辰子であった。晋一が幸子から母の好物を買うようにともらった金で、ワカサギを買ったその日、辰子は白い汚物を吐いて死んだ。原因は晋一の与えた栄養剤の中に砒素が入っていたのだ。晋一は母親殺しで逮捕された。たどたどしい言葉で、耳の聞えない晋一に、訴えるすべはなく、同情を寄せる者もなかった。だが幸子と聾学校長館野、教師だけは晋一の無実を信じていた。幸子は貯金を使って、宝井弁護士を雇った。刑事の執拗な追求にも幸子は晋一をかばい続けた。幸子には晋一と同様不幸な弟がいた。そして弟は交通事故で即死していたのだ。宝井弁護士は被告人を救う道は「母を安楽死させたと言わせることだ」と言った。無罪を信じながらも、晋一を救うために、幸子は晋一に自白をすすめた。信頼する幸子にも自分の心は解ってもらえない……そんな自分に孤独を感じた絶望感で晋一は独房で自殺をはかった。自責の念にかられた幸子はこの事件に真剣にたちむかった。

【映連データベースの作品紹介ページより】

【海外窓口】

松竹(株)
104-8422 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル13F
担当:佐藤究
tel: 03-5550-1623
fax: 03-5550-1654
E-mail: ibd@shochiku.co.jp
http://www.shochiku.co.jp


関連作品

島田洋七の佐賀のがばいばあちゃん

島田洋七の佐賀のがばいばあちゃん (2008)

監督
島田洋七
キャスト
香山美子, 高島礼子, 小林綾子

シリーズ累計670万部という島田洋七の大ヒット回顧録「佐賀のがばいばあちゃん」を、彼自身が監督・脚本を手掛けて映画化。持ち前の明るさと機転の利いた言葉の数々で、貧乏をはね飛ばす“がばい(ものすごい)”祖母と少年の共同生活を涙と笑いタップリに映し出す。昭和33年、生活苦から佐賀県に…

劇場公開日
2009年4月25日
ラストラブ

ラストラブ (2007)

監督
藤田明二
キャスト
田村正和, 伊東美咲, 森迫永依

劇場公開日
2007年6月16日
酔いがさめたら、うちに帰ろう。

酔いがさめたら、うちに帰ろう。 (2010)

監督
東陽一
キャスト
浅野忠信, 永作博美, 香山美子

第23回東京国際映画祭「日本映画・ある視点」部門に出品された家族ドラマ。『絵の中のぼくの村』(1996)でベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞した東陽一監督が、鴨志田穣による自伝的小説を映画化。戦場カメラマンの安行(浅野忠信)は、自身のアルコール依存症により漫画家の由紀(永作博美)と離…

劇場公開日
2010年12月4日
HOKUSAI

HOKUSAI (2020)

監督
橋本一
キャスト
柳楽優弥, 田中泯, 永山瑛太

幕府によって抑圧されていた江戸時代の絵師・葛飾北斎の生涯を青年期と老年期に分けて描いたヒューマンドラマ。「探偵はBARにいる」シリーズの橋本一が監督を務める。 貧乏生活を送っていた北斎(柳楽優弥)。喜多川歌麿(玉木宏)らの台頭により、自分の絵を見失う北斎だったが、浮世絵版元の蔦…

劇場公開日
2021年