全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

1967

Joen

情炎

The Affair

公開日
1967年5月13日
上映時間
97 分
ジャンル
劇映画
カラー
-
上映フォーマット
-

【監督】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

松竹

【配給会社(国内)】

松竹

【解説】

昭和41年度上半期直木賞を受賞した立原正秋の原作「白い罌粟」を、吉田喜重が脚色・監督した女の愛の世界を描いた異色作。撮影は金宇満司が担当している。
織子と隆志の結婚生活は始めから破綻していた。というのも、証券会社社長の隆志が織子の美貌を対外的に利用するため妻に迎えただけだからである。隆志は愛人を持ち、週に一度、鎌倉の自宅に戻ってくるにすぎなかった。夫の妹・悠子と二人暮らしの織子は、5月のある日、円光寺の歌会で彫刻家・能登に会った。能登は今は亡き織子の母・繁子の情人だった男である。以前は憎んでいた能登にあっても、織子はなぜか懐かしさを感じただけだった。ある日、悠子の開いたパーティの終わりに、海辺にドライブした織子は、小屋で土工と情事を楽しむ悠子の姿を見て、激しい性への衝動を感じた。数日後、再び海辺の小屋を訪ねた織子は、その土工に身を任せた。だが性の満足とは逆に、母と同じ自堕落な女になるのではないかという不安が織子を苦しめた。織子は能登を訪ねた。織子の告白に対して能登は、織子は隆志と別れた方が身のためだと忠告した。その後、度々能登と織子は会ったが、二人は決して肉体関係に入ろうとはしなかった。それは、純粋な愛を芽生えさせ、育てようとする二人の祈りのようなものだった。しかし二人の間に気づいた隆志は、織子に離婚はしないと告げた。二人を苦しめようというのである。その隆志も、織子が身を任せたのは能登ではなく、名も如らない土工だと知ると、誇りを傷つけられ、離婚を承諾した。その頃、能登は自作の巨大な彫刻の下敷になって重傷を負った・・・。

【映連データベースの作品紹介ページより】

【海外窓口】

松竹(株)
104-8422 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル13F
担当:佐藤究
tel: 03-5550-1623
fax: 03-5550-1654
E-mail: ibd@shochiku.co.jp
http://www.shochiku.co.jp


関連作品

鏡の女たち

鏡の女たち (2002)

監督
吉田喜重
キャスト
岡田茉莉子, 田中好子, 一色紗英

大島渚らとともに「日本のヌーヴェルヴァーグ」と呼ばれ、海外からも高い評価を受けてきた吉田喜重が14年ぶりに撮った作品。 川瀬愛(岡田茉莉子)は24年前に失踪した娘・美和を探し続けていた。ある日美和の母子手帳を持っている女性が見つかるが、尾上正子と名乗るその女性(田中好子)は記…

劇場公開日
2003年4月5日
エリ・エリ・レマ・サバクタニ

エリ・エリ・レマ・サバクタニ (2005)

監督
青山真治
キャスト
浅野忠信, 宮﨑あおい, 中原昌也

西暦2015年、ウィルスが蔓延し、恐怖と絶望に満ちた日本。自殺という方法で死に至るこのウィルスをメディアは"レミング病"と呼んだ。発病を抑制するとされる唯一の方法は、あるミュージシャンが奏でる"音"を聴くこと。ミヤギ(筒井康隆)は、感染した孫のハナ(宮崎あおい)の命を救うため、ミ…

劇場公開日
2006年1月28日
流れる

流れる (1956)

監督
成瀬巳喜男
キャスト
田中絹代, 山田五十鈴, 高峰秀子

幸田文の同名小説を、『めし』『晩菊』に続いて田中澄江と井手俊郎が共同で脚本を担当し、成瀬巳喜男監督が映画化。柳橋界隈の花街を舞台に、芸者置屋で働く女中の目を通して、そこに集う女たちの悲喜劇を描く。出演は『愛染かつら』の田中絹代、『祇園の姉妹』の山田五十鈴、『浮雲』の高峰秀子、『晩…

劇場公開日
1956年11月20日
サンダカン八番娼館 望郷

サンダカン八番娼館 望郷 (1974)

監督
熊井啓
キャスト
栗原小巻, 田中絹代, 高橋洋子

大宅壮一ノンフィクション賞に輝いた山崎朋子の原作を、『忍ぶ川』『朝やけの詩』の熊井啓監督が映画化。“からゆきさん”と呼ばれた少女たちの残酷で数奇な運命を描く。 女性史研究家・三谷圭子(栗原小巻)は、明治時代末期から昭和初期まで南海の島々に売られていった“からゆきさん”の実態を調…

劇場公開日
1974年11月2日