全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

1969

Wakare

永訣

Farewell, My Beloved

公開日
1969年2月21日
上映時間
93 分
ジャンル
劇映画
カラー
-
上映フォーマット
-

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

松竹

【配給会社(国内)】

松竹

【解説】

放送作家の高橋玄洋がシナリオを執筆し、大庭秀雄が監督した純愛もの。撮影は長岡博之が担当している。
山口県萩市。萩中学ボート部の小野寺牧人は、開校以来の秀才として知られていた。父の宏一は女学校の教師、母の信子は自宅で生花を教えていた。牧人は、彼女たちの人気の的だったが、母の生徒の中に行友夕子を発見した時の驚きは忘れることが出来なかった。牧人が城跡を散策したある日、立入り禁止の断崖で泣いていた女性、それが夕子だった。夕子は青年士官のもとに嫁いだが、戦争が夫を奪い去り、僅か三ヵ月で未亡人になってしまった。牧人はそんな夕子に想いをよせ、彼女を不幸に落としいれた戦争を恨んだ。やがて、牧人は夕子の家の廻りをうろつき、顔を合わせる機会を狙った。夕子は牧人の一途な思慕を優しくたしなめた。だが、夕子は自分の心に、純真な牧人の愛が浸みこんでくるのを、消し去れなかった。太平洋戦争勃発の日が来た。牧人の父は転任し、萩に残る牧人は、夕子の妹弓子の口添えで、行友家に下宿した。牧人の前に海軍士官の戒能が現われたのは、それから間もなくのことだった。戒能は夕子の亡夫の後輩で、夕子をひそかに愛していた。牧人は男性的な戦闘機乗りの戒能から、戦争の意味について聞かされ感動した。やがて、二人は戦争の後に来る時代のために、お互いに苦しみ、耐え抜こうと励ましあった。牧人が、三高志望から海軍兵学校受験に踏み切ったのはそんな事情からだった。戒能と夕子は、牧人が海兵合格の日に仮祝会をあげた。牧人は二人の前途を祝したものの、淋しさを味あわずにはいられなかった。江田島の猛訓練は牧人を逞しく成長させ、終戦の詔勅が下った・・・。

【映連データベースの作品紹介ページより】

【海外窓口】

松竹(株)
104-8422 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル13F
担当:佐藤究
tel: 03-5550-1623
fax: 03-5550-1654
E-mail: ibd@shochiku.co.jp
http://www.shochiku.co.jp