全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

1970

Kaze no bojo

風の慕情

Journey of Love

公開日
1970年7月1日
上映時間
93 分
ジャンル
劇映画
カラー
-
上映フォーマット
-

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

松竹

【配給会社(国内)】

松竹

【解説】

オーストラリア、マニラにロケしたエキゾチズムあふれるサスペンス・ラブロマン。脚本は橋田寿賀子のオリジナル、監督は中村登。撮影は竹村博が担当している。
長谷由布子は一年ほど交際している大森源吉から求婚された。胸のときめくような興奮も感激もなかった。由布子にはオーストラリアに血を分けた実の姉がいた。しかし、たまに便りがあるだけで、顔も知らない姉だった。由布子は一生の大事をきめる前に姉に会おうと思った。しかし、シドニー空港には頼る姉の姿はなく、さすがに心細くなった由布子を慰め勇気づけてくれたのは留学生くずれの西条直紀だった。彼の心遣いは次第に由布子の警戒心を解き、姉の消息探究と観光の日程が交錯する毎日が始まった。そのころ旅中隣席だった商社マン郷田が由布子の前に現われ、姉の手紙の代筆者が直紀であること、直紀こそ姉の消息についての謎を握る男であり、これ以上直紀と行動をともにするのは危険だと忠告した。しかし、由布子の気持ちは直紀に強く動いており直紀に愛を求めたが、なぜか直紀はそれを受け入れなかった。由布子は傷ついた。豪華なナイトクラブでの直紀との最後の晩餐、その時、由布子は美しい貴婦人然とした日本の女性を見た。彼女の名はゆき。直紀のかつての愛人であり、由布子の姉なのだ。この姉は、はるばる訪ねてきた妹にも会えぬ境遇に絶望していた。直紀はゆきを今でも愛していたが、そのうえ、妹の由布子まで好きになってしまっていたのだ・・・。

【映連データベースの作品紹介ページより】

【海外窓口】

松竹(株)
104-8422 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル13F
担当:佐藤究
tel: 03-5550-1623
fax: 03-5550-1654
E-mail: ibd@shochiku.co.jp
http://www.shochiku.co.jp


関連作品

ふしぎな岬の物語

ふしぎな岬の物語 (2014)

監督
成島出
キャスト
吉永小百合, 阿部寛, 竹内結子

千葉県・房総半島で撮影されたノスタルジックな映像で、海辺でカフェを営む女性と店に集まる人々の心温まる交流を描く群像劇。第38回モントリオール世界映画祭で審査員特別賞グランプリおよびエキュメニカル審査員賞を獲得。 海に抱かれたのどかな里で“岬カフェ”を営む柏木悦子(吉永小百合)。…

劇場公開日
2014年10月11日
最高の人生の見つけ方

最高の人生の見つけ方 (2019)

監督
犬童一心
キャスト
吉永小百合, 天海祐希

モーガン・フリーマンとジャック・ニコルソンが主演したロブ・ライナーの同名映画を原案に、犬童一心監督が映画化。余命宣告を受けた2人の女性を、ベテラン女優の吉永小百合と天海祐希が演じる。 人生を家庭に捧げてきた真面目な主婦・幸枝(吉永)と大金持ちの女社長・マ子(天海)。余命宣告をさ…

劇場公開日
2019年10月11日
北の桜守

北の桜守 (2018)

監督
滝田洋二郎
キャスト
吉永小百合, 堺雅人, 篠原涼子

吉永小百合が主演する“北の三部作”の、『北の零年』『北のカナリアたち』に続く最終章。監督は『おくりびと』の滝田洋二郎。 1945年、樺太で暮らしていた江蓮てつ(吉永)は2人の息子を連れ、ソ連軍の侵攻から逃げるため島を脱出。北海道・網走へたどり着く。1971年、15年ぶりに網走を…

劇場公開日
2018年3月10日
母と暮せば

母と暮せば (2015)

監督
山田洋次
キャスト
吉永小百合, 二宮和也, 黒木華

山田洋次監督が故・井上ひさしの遺志を引き継ぎ、完成させたファンタジー作品。戦後の長崎を舞台に、亡くなったはずの息子とその母との交流を描く。吉永小百合と二宮和也が親子役で出演。 1948年8月9日。助産婦をしながら長崎で暮らす伸子(吉永)の前に、原爆で命を落とした息子・浩二(二宮…

劇場公開日
2015年12月12日