全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

1970

Kimi ga wakamono nara

君が若者なら

Our Dear Buddies

公開日
1970年5月27日
上映時間
89 分
ジャンル
劇映画
カラー
-
上映フォーマット
-

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

松竹

【配給会社(国内)】

松竹

【解説】

現代日本の若者が直面する問題とその中でいかに生きようとしているかを描いたドラマ。脚本は中島丈博と松本孝二、深作欣二による共同執筆。監督は深作欣二、撮影は江連高元が担当している。
毎年上京してくる集団就職の若者たち。幼なじみの樋口喜久男と鈴木麻男は九州の炭坑出身。矢部清は佐渡の漁師の息子。どもりの北野竜次は北海道の開拓部落生まれ。井上一郎は川崎の労働者の息子。五人がつとめていた町工場はあっけなくつぶれた。次の職が見つからぬまま彼等はボクサー志望の竜次が初めてリングに上がる日、応援に出かけた。そこで無責任に竜次をヤジるチンピラと大乱闘、留置場にブチこまれた。彼等はそこでトラックを買って、五人が団結して独立することを誓いあった。だが、独立への道はきびしかった。まず清がやくざの盗みを手伝い刑務所入り、一郎はホステスと結婚して脱落した。加えて、竜次は金ほしさからストライキのピケ破りに参加して、警官の警棒で頭を割られ死んだ。絶望して計画をなげだそうとした喜久男と麻男を励ましたのは竜次の姉・秋子だった。やがて二人は頑張りぬいてトラックを手に入れた。そんなある日、入獄中の清の妹ユキ子が上京した。二人とも彼女に惹かれてゆくのを感じた。だが突然、清が脱獄、二人のアパートに逃げこんできて、故郷の海がもう一度だけ見たいと懇願した。麻男は反対する喜久男を押しきって、トラックをスタートさせた・・・。

【映連データベースの作品紹介ページより】

【海外窓口】

松竹(株)
104-8422 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル13F
担当:佐藤究
tel: 03-5550-1623
fax: 03-5550-1654
E-mail: ibd@shochiku.co.jp
http://www.shochiku.co.jp