全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

1973

Hissatsu shikakenin Baian arijigoku

必殺仕掛人・梅安蟻地獄

Professional Killers: Assassin’s Quarry

公開日
1973年9月29日
上映時間
未定
ジャンル
劇映画
カラー
-
上映フォーマット
-

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

松竹

【配給会社(国内)】

松竹

【解説】

必殺仕掛人シリーズ第2作目。江戸時代、被害者の晴らせぬ怨みを代りに晴らす仕掛人の活躍を描いたストーリー。原作は池波正太郎の同名小説。脚本は宮川一郎、監督は脚本も執筆している渡辺祐介、撮影を小杉正雄がそれぞれ担当している。
鍼医者・梅安は、ある夜、一人の浪人に本道医師・宗伯と間違えられて襲われた。人違いと知ったその浪人は闇に消えた。数日後、梅安は仕掛の元締・半右衛門から伊豆屋長兵衛の暗殺を頼まれた。伊豆屋は5年前に江戸に来て以来、急速に財をなしており、その私生活は謎につつまれていた。ある日、梅安は伊豆屋と宗伯が密会しているのを張り込んでいたところ、先日の浪人も宗伯を見張っていた。浪人は小杉十五郎と名乗り、薄幸な女郎お仲の母を犯し自殺に追いやった宗伯を狙っていたのだった。やがて調査で宗伯と伊豆屋の過去が判明した。伊豆屋は紀州家の侍であったが、藩内部の政権争いで、二人の家老のために宗伯から毒薬を手に入れ、藩主を秘かに毒殺したのだった。以後、侍を捨てた伊豆屋は、家老から金を強請っていたのだった。伊豆屋の仕掛を依頼したのもその家老だった。一方自分たちが狙われていると察知した伊豆屋は、宗伯を甲府へ逃がし、他の仕掛人に梅安、小杉の殺しを依頼した。梅安の家に罠が仕掛けられた。帰って来た梅安と小杉に襲いかかる殺し屋たち。それは一度入ったら抜けられぬ蟻地獄だった。危機に立つ二人だったが、かけつけてきた半右衛門の助けでどうやら助かった。殺し屋の一人から宗伯の居場所を聞き出した小杉は、すぐ後を追い、斬った。祭りの夜、やぐらの上で銭まきをしていた伊豆屋が転落した。騒ぎをよそに、面を被った梅安が、くわえた針を納め、人ごみを離れた。

【映連データベースの作品紹介ページより】

【海外窓口】

松竹(株)
104-8422 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル13F
担当:佐藤究
tel: 03-5550-1623
fax: 03-5550-1654
E-mail: ibd@shochiku.co.jp
http://www.shochiku.co.jp


関連作品

長い散歩

長い散歩 (2006)

監督
奥田瑛二
キャスト
緒形拳, 高岡早紀, 杉浦花菜

"幼児虐待"をテーマ据え、心に闇を抱える初老の男と虐待を受け傷ついた少女との魂の交流を描いたロードムーヴィー。メガホンをとったのは俳優の奥田瑛二。第30回モントリオール世界映画祭でグランプリ、国際批評家連盟賞、エキュメニック賞の3冠に輝いた。 仕事一筋の安田松太郎(緒形拳)は…

劇場公開日
2006年12月16日
ミラーを拭く男

ミラーを拭く男 (2004)

監督
梶田征則
キャスト
緒形拳, 栗原小巻, 津川雅彦

劇場用映画初監督作品となる本作で梶田征則は、サンダンス・NHK国際映像作家賞2002を受賞した。家族のために長年一生懸命働き、定年を間近に控えたサラリーマン・皆川勤(緒方拳)は交通事故を起こしてしまい、家族に内緒で会社を突然辞める。これからはゆっくり夫婦みずいらず老後を過ごそうと…

劇場公開日
2004年8月21日
歩く、人

歩く、人 (2001)

監督
小林政広
キャスト
緒形拳, 香川照之, 大塚寧々

第54回カンヌ映画祭ある視点部門に出品された人間ドラマ。『殺し』の小林政広監督が、不器用で素直になることのできない父と子の交流をオフビートな笑いを交えつつ描く。 北海道の寒村で酒屋を営む本間信雄(緒形拳)は、2年前に妻を亡くし、家業を継ぐ次男と二人暮らし。12年前に家を飛び出し…

劇場公開日
2002年9月7日
楢山節考

楢山節考 (1983)

監督
今村昌平
キャスト
緒形拳, 坂本スミ子, 左とん平

冬。信州の雪に埋もれた小さな村のはずれにおりんの家があった。おりんは今年69歳、楢山まいりの冬を迎えようとしている。この村では70歳を迎えた冬にみんな楢山へ行くことで貧しい村の未来を守っていた。それは死を意味し、供につく者の親を思う心は重くつらい。 おりんは楢山へ行くことを少し…

劇場公開日
1983年4月29日